JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

いきなりの質問で申し訳ありません。 会社に入社してまだ、日が浅く研修期間中なのですが ここひと月ほどで会社が

解決済みの質問:

いきなりの質問で申し訳ありません。

会社に入 社してまだ、日が浅く研修期間中なのですが
ここひと月ほどで会社が分裂してしまい会社都合での解雇をお願いされました。
入社して色々良くしていただいたので辞めることに関しては、良いのですが
次の就職活動に支障をきたすような気がします。

何か会社都合で辞めた旨がわかる書類などをいただいた方がいいのでしょうか?
本当に小さい会社で副社長からの口頭だけだったのでいつ解雇になるのかもはっきりわかりません。
その時「解雇するのに1月前から報告しなきゃいけないから」と言われたのですが
言われた時から1月と解釈してもよいのでしょうか?
ひと月期間は、お給料が出るといわれたのですが、会社に出社しなくても頂けるものなのでしょうか?
再就職に向けて就職活動にお休みしてもいいとのことだったのですが…
それとネットで調べまして解雇事由証明書というのを正式にいただいた方がいいのでしょうか?

いきなりの長文での質問申し訳ありません。
よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
「何 か会社都合で辞めた旨がわかる書類などをいただいた方がいいのでしょうか?」というのは、転職に際して必要かどうかというご質問でしょうか。そういうことであれば特に必要はありません。

解雇というのは、会社が労働契約を一方的に解約することですから日付を指定して行うものです。「解雇するのに1月前から報告しなきゃいけないから」というのは労働基準法において解雇の予告をする場合は少なくとも30日前には行うと定められていることを指していると思います。また30日前の予告に変えて30日以上の平均賃金を支払うこともできるとされています。

ですが、ご質問の内容からすると解雇というよりは、会社都合の退職勧奨をされているように思われます。この場合には解雇と異なり労働者と会社が退職する日について話し合いの結果日付を決めることになります。また一月分の給料が出るというも退職金代わりのように思います。

この場合会社に出社しなくてもいいかどうかについては会社と話し合いの中で決められたらよろしいでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

 


素早い回答ありがとうございます。


話し合いは、必要かなとは感じていました。


 


通告を受けた時に、副社長から会社都合での退社とは言われたのですが。


違うのでしょうか?


 


解雇事由証明書は、結果的にはいらないのでしょうか?


 

質問者: 返答済み 5 年 前.

 


素早い回答ありがとうございます。


話し合いは、必要かなとは感じていました。


 


通告を受けた時に、副社長から会社都合での退社とは言われたのですが。


違うのでしょうか?


 


解雇事由証明書は、結果的にはいらないのでしょうか?


 

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
退職勧奨の場合であっても退職の理由については会社都合 となります。
繰り返しになるかも知れませんが、解雇と言うのは会社が一方的に退職する日を決めた上で労働者に対して労働契約の終了を申し出る事になります。

これに対して退職勧奨と言うのは、会社が辞めて欲しいと申し出る事となります。労働者は受け入れられないと言うことであれば拒否することも出来るものです。

通常は退職勧奨をした上で、労働者が拒否をした時に解雇をしてくることが多いでしょう。

解雇事由証明書は、解雇だと会社から言われた時に納得が行かないようであれば要求するべきでしょう。それを元にして不当解雇と主張するための書式です。そのため合意の上で退職をするのであれば、特に必要ではないでしょう。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問