JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

会社を退職後、自分の制作したものやデータの管理等に問題があった場合、訴えられたりすることはあるのでしょうか。 会社

解決済みの質問:

会社を退職後、自分の制作したものやデータの管理等に問題があった場合、訴えられたりすることはあるのでしょうか。
会社での制作業務にもかかわらず、何かにつけて問題が起きたら自分で責任をとれと言われ、給料を減らされたり、何かと理由を付けて降格等の対応をするぞと言ってくる会社です。

退職しても後々何か言われないか心配です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
労働契約というのは、労働者が労務の提供をする代わりに賃金の支払を受けることを約束する 契約です。その中においては、秘密保持義務(営業に関わる商品や顧客情報など)や職務専念義務(サボることなく業務に専念すること)などが雇用契約に付随して義務付けられると考えられます。

しかし自分制作したものやデータの管理等に問題があった場合というのは、故意、または重過失があった場合を除き企業がその責任を労働者に求めるのは、その企業が労働者を使用して利益を得ている点を考慮すると損害賠償請求することは難しいでしょう。(分かりやい例で言うと、レストランで働く社員が皿を割ってしまった事に対して損害賠償請求は出来ないということです)

ましてや、退職後であればなおさらの事です。会社に対して故意に損害を与えようとしない限り請求することは出来ないでしょう。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問