JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

ご担当者 様 お世話になります。 8月上旬、1年間の就業活動の末ようやく就業しました。 年齢が56歳と

質問者の質問

ご担当者 様

お世話になります。

8月上旬、1年間の就業活動の末ようやく就業しました。
年齢が56歳ということもあり、なかなか採用になりませんでした。
採用どころか、面接にも至りませんでした。
ほとんどが送った書類(履歴書 等々)段階で不採用になります。

ようやく就業したことから、張り切って初任教習も無事終え、8/16より現在の勤務先に配属されました。

そこでの出来事の相談です。
上司(ここでは役職者)による言葉の暴力が激しく、一緒に入社した男性が早々に退職を決意しました。(40代男性)
特に問題がないにもかかわらず、罵倒され、終いには「お前なんかやめちまえ!!」「お前なんか来るな!!」と決定的な言葉の暴力を浴びせかけてきます。
(これはパワーハラスメントではないでしょうか?)

毎日のようにいわゆる言葉による「いびり」「言葉の暴力」があり激しさを増しています。
一緒に入社したもう一人の男性も同じいびりを受けています。
精神的なプレッシャーからか、背中の筋肉が痙攣を 起こしているとも言っています。(20代男性)
この方も、怯えており退職を考え始めています。

そのような上司(役職者<隊長・副隊長2・班長2・伍長2 中>)は複数です。
ほとんどの役職者は同様な態度で我々に接します。(例外は希少)

質問をしている私も複数回にわたり、言葉の暴力を受けています。
「今の仕事ができなくなる」などの言葉も浴びせかけられました。
(これについては、日時・内容・同席していた同僚職員・役職者を記録してあります。)

私から見ると同役職者(一人の副隊長は言葉の暴力とともに内容が支離滅裂)は精神破綻もしくはパーソナル障害ではないかと思われます。(知人にセラピストがいます。)

初任研修では、嫌なことがあったら相談するように言われていますが、40代の男性は相談したとのことです。しかしながらうちの会社にはそんなことは一切ない。と言い切っられたそうです。
現在の職場の別の同僚が別の職場で同様のことが頻繁に起こっていることを話してくれました。
この会社は同様な状況を全く把握していないばかりでなく、解決する意思は全く感じられません。

この状況を脱するにはどうしたらよいでしょうか。
私も限界があります。退職しか解決方法はないのでしょうか。

よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

言葉での嫌がらせの数々、ご心痛お察し申し上げます。

言葉での嫌がらせが反復継続的に行われているのであれば、パワハラの定義に合致します。退職しか解決方法がないのでしょうか?とのお悩み・ご質問ですが、退職までお考えがあるのでしたら、手段はまだあります。

労働審判という制度の利用です。

労働審判とは地方裁判所に申し立てをして労働審判官(裁判官)と労働審判員(弁護士などの専門家)が労使双方の主張を聴き、証拠の認定を行い、原則3回以内の審理で調停や審判を行ってくれるという国の制度です。裁判ではありませんので、弁護士を依頼する必要はありません。

労働審判が申し立てられると当事者は参加義務がありますので、会社は労働審判への参加を拒否できません。

提示される調停案や審判に労使双方が合意すれば和解となり解決します。

調停案や審判に対して最終的に当事者が異議申し立て(不服)を行うと、労働審判は打ち切りとなり、通常の訴訟に移行する、という制度です。

【裁判所ホームページ・労働審判】

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html

この労働審判の中で、ご相談者様はパワハラの解消を訴えていくことになります。また退職もお考えであれば、「パワハラによって退職せざるを得なくなった。精神的苦痛を伴い、しかも生活の不安も抱えなければならなくなった」として、退職するが和解金を請求する、という流れで訴えていくことも可能です。

退職も選択肢の一つですが、労働審判によるパワハラに解消に期待することもできると思います。

会社との話し合いで解決できないわけですので、労働審判などの制度を利用して解決を図るしか方法はありません。

※ご不明な点がございましたら、何なりとご返信いただけたらと思います。

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

回答をご覧いただきまして、ありがとうございます。

回答に説明不足やご不明な点がございましたら、何なりとご返信いただけたらと存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

雇用・労働 についての関連する質問