JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

正社員への登用を前提に半年契約の契約社員として今年の4月に入社しました。 入社してからわかったのですが、ここ3

解決済みの質問:

正社員への登用を前提に半年契約の契約社員として今年の4月に入社しました。

入社してからわかったのですが、ここ3年で4~5人の中途採用が入社してすぐに
退社するというのを繰り返していました。
グループとしては5人程度の小さな部署です。

原因は、社内を仕切っている一人の人間が、中途の人間を気に入らないか らです。
細かい難癖をつけたり、相手の意見を聞かずに自分の意見を一方的に押し付けます。
それが嫌になって、辞めさせられたり 辞めていったりしてるそうです。

私もその人に目をつけられました。
細かい内容は割愛しますが、叱責を受ける中で
『俺の首にかけても、追い出しても構わないんだからな』
と皆が居る前で怒鳴られました。

質問①
私はこの発言だけでもパワハラに相当して、訴えられるのではないかと思うのですが
いかがでしょうか?


質問②
上記のような状況なので、今月末で終了する契約の更新がどうなるのか
会社から正式な回答をもらえてません。
一般的(?)に契約を継続しない場合は30日前に通知する必要があると思っているのですが
初回の契約更新の場合は、別なのでしょうか?

アドバイス頂けると助かります。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

お勤め先での嫌がらせ、ご心痛お察し申し上げます。

2つのご質問に順番に回答をさせていただけたらと思います。

 

 

質問①
私はこの発言だけでもパワハラに相当して、訴えられるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

 

パワハラとは言動や暴力による反復継続的な嫌がらせをパワハラと定義づけられております。『俺の首にかけても、追い出しても構わないんだからな』というような発言が日常的に行われていれば、パワハラと見なす事ができるでしょう。

パワハラに対して、労働基準監督署への申告やあっせん、労働審判、裁判、といった手段で訴えていくことができます。

職場でのパワハラに関して、各都道府県の労働局では労働局長による助言や指導といった制度が設けられております。

パワハラでは?と感じられたら、会社の住所地を管轄する労働基準監督署に申告をすべきです。ご参考までに福岡労働局ホームページの該当箇所のURLを以下に添付させていただきます。

【福岡労働局・労働局長による助言、指導】

http://fukuoka-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/roudoukyoku/gyoumu_naiyou/soumu/sodan/sodan02.html#01

 

 

質問②
上記のような状況なので、今月末で終了する契約の更新がどうなるのか会社から正式な回答をもらえてません。一般的(?)に契約を継続しない場合は30日前に通知する必要があると思っているのですが初回の契約更新の場合は、別なのでしょうか?

 

厚生労働省発信の通達『有期労働契約の締結、更新及び雇止めに関する基準』(平成20.1.23厚労告12号)では、雇止めの予告について

「使用者は、有期労働契約(当該契約を3回以上更新し、又は雇入れの日から起算して1年を超えて継続勤務している者に係るものに限り、あらかじめ当該契約を更新しない旨明示されているものを除く)を更新しないこととしようとする場合は、少なくとも当該契約の期間の満了する日の30日前までに、その予告をしなければならない」

という基準を通達しています。

 

まとめますと以下の①もしくは②のどちらかに該当する有期労働者の契約を更新しない場合は、会社は30日前までの予告をせよ、と言っています。

①労働契約を3回以上更新している労働者

②1年を超えて勤続勤務している労働者

 

ご相談者様が契約更新をまだ1回もされておらず、勤続が1年を超えていなければ、会社には30日前までの雇止め予告は求められていない、という事になります。

 

 

※回答にご不明な点がございましたら、何なりとご返信いただけたらと思います。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございました。


 


30日前の予告が適用されないと言うことであれば、どの程度前に会社に対して意思の確認をするのが適当な時期か、目安のようなものはありますでしょうか?


 


パワハラを受けている人間からの評価のせいで更新が無いのではないかと考えております。


ただし、ここ2~3年で同様に辞めていったのが4~5人いると聞いてます。この数値は客観的に見て高すぎ無いでしょうか?


恐らくハローワーク経由で就職してるはずなので、そのあたりは労働局に訪問して確認するつもりでおります。

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

 

会社に確認する目安というものはありませんが、契約の最終月に入っているわけですから、もう会社に確認してもいい時期だとは思います。

 

2~3年の間の退職者の多寡を客観的に判断するというのは、事業規模、部門規模、業種、などによってもまちまちですので、一概に判断はできません。

ご相談者様の所属グループが5人程度の小さな部署、とのことですが、その部署が2~3年の間に4、5人が辞めたというのであれば、高い数値と言えるでしょう。2~3年でグループ内の人が全て入れ替わってしまうという数字ですから。

雇用・労働 についての関連する質問