JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

外国人の主人が9年間一生懸命に働き、尽くしてきた会社に2か月前くらいから冷たくされ始めやってもいないミスを押し付けら

質問者の質問

外国人の主人が9年間一生懸命に働き、尽くしてきた会社に2か月前くらいから冷たくされ始めやってもいないミスを押し付けられ突然明日から来なくていいと言われ解雇されました。
アルバイトですが主人はお店のために本当に無理をして頑張ってきただけにこの扱いは納得いきません。
金銭的にもこれからどうしたらいいのか・・
精神的にも主人がまいってしまっていて・・・
どうしたらよいかアドバイスしていただきたいのですが
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
これまで9年間も働いてこられたのが2か月前くらいから冷たくされ始めとの事ですが、何かきっ かけがあったのでしょうか。

さてアルバイトであっても正社員であっても労働者であれば、労働基準法という法律によって保護されています。

まずはご主人様が外国人だからといって不当な取り扱いを受けるようなことは許されるものではありません。(労働基準法第3条)

次に解雇については客観的合理性と社会通念上相当性、つまり誰が見ても解雇されることは仕方がないことだと納得がいく理由がなければ、それは解雇権の濫用とされ不当解雇とみなされます。(労働契約法第16条)

また突然明日から来なくてもよいと言われたようですから、解雇予告手当を請求することができるでしょう。解雇予告手当というのは労働基準法第20条に定められていますが、解雇をする場合には30日前の予告をするか、予告に変えて30日分以上の平均賃金を支払うことを指しています。

なお、労働問題については、労働基準監督署が管轄している役所となります。そのため解雇については勤務先の住所を管轄している労働基準監督署に相談されることをお勧めします。
質問者: 返答済み 5 年 前.


ありがとうございました。


よくよく事情を聴くと調理中に味付け用の日本酒がちょっと余ったときにもったいないから飲むという行為を3~4回したようです。


職務中にお酒を飲んだということが解雇の一番の理由だそうです。


この場合正当な解雇理由にあたりますか?


解雇予告手当だけでもいただけるのでしょうか?


また、失業保険の請求はできるのでしょうか?

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
そうでしたか。そうなるとちょっとご主人様に分が悪いように思われます。勤務中の飲酒についてはその程度の問題もあるかも知れませんが、基本的には禁止している場合が多いように思います。そのために懲戒処分として解雇となったのでしょう。

解雇については会社の就業規則について定められていることが必要となります。しかし一般的には記載されていることが多いようです。後は懲戒解雇が処分としては 重すぎるかどうかの判断となります。そのため一度労働基準監督署にある総合労働相談コーナーにおいてその程度について相談をされることをお勧めします。

また解雇予告手当については別の問題となります。いくら懲戒解雇であっても解雇予告手当は支払う必要があります。

次に失業保険については、懲戒解雇となった場合であっても受けることができます。懲戒解雇となった場合には自己都合退職の場合と同様に3か月の給付制限があります。

雇用・労働 についての関連する質問