JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

次の仕事が決まったので、会社を退職したいと申し出たのですが、なかなかやめれません。 入社誓約書には60日前と書いて

解決済みの質問:

次の仕事が決まったので、会社を退職したいと申し出たのですが、なかなかやめれません。
入社誓約書には60日前と書いてありました。それを無視してやめることは可能でしょうか?
それと同時に、代わりを探せと言われており、自分と同 じポジションの人を採用するのは非常に難しい状態です。加えて、正社員になる前の雇用契約書には1ヶ月前とありましたので、入社誓約書を見落としておりました。9月中辞めないと、いろんなところに迷惑をかけることになり、会社にも居づらい状況です。
ほんとに自己都合なことですが、やめることは可能なのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
退職について会社に1か月前の申し出るとの事だったので申し出たところ誓約書を盾に辞めさせてくれないとの事でしょうか。

いくら会社と誓約書を交わしているとは言っても、退職については法律で定められています。退職については民法627条において原則として2週間前の予告を 要するとされています。つまり退職する意思表示が使用者に到達してから2週間経過することによって労働契約が終了することになります。

辞める際に代わりの人材をさがせとの事ですがそれは、あくまでも会社がすればいいことです。是非とも気になさらず新しい職場でご活躍ください。

会社がうるさく言ってくるようであれば、労働基準監督署に相談に行くと言われたらよろしいでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

先ほど、「退職届」と記載しましたが、「退職願」でした。


退職を認めてくれたときに、退職願を社長は受け取ってくれなかったので、直属の上司に渡しました。


社長からは、次を採用することと、あとは現場で調整してくれとのことでした。


最終的には、喧嘩わかれのようになることも覚悟はしておりますが、残る部下たちのことを考えると、できる限り穏便に辞めたいのです。


 


こんな内容のやり取りですが、気にせず突き進んでいいのでしょうか?


何度もすいません。よろしくお願いいたします。

専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
そうでしたか。退職願でも退職届でも退職の意思を使用者に伝えるということに変わりはありません。社長は退職をすることをご存知のようですから直属の上司であってもよろしいかと思います。

残る部下のことを考えると確かに気が引ける思いもあるでしょう。法律上のルールはあくまでも最終的な手段です。転職先に融通がきくのであれば多少時期をずらしてもらうことも考慮できるのであれば検討の余地もあるでしょうが、ご自身にとってどの方法を取られることがベストなのか熟考されて答えを出されたらよろしいでしょう。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問