JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

アルバイトをして6年になりますが、時給をなんの予告もなく2回にわたって勝手に下げられました。 又、時間外の労働も強

解決済みの質問:

アルバイトをして6年になりますが、時給をなんの予告もなく2回にわたって勝手に下げられました。
又、時間外の労働も強要され、(これには給料は支払われない)やらない場合は給料を下げたり、
交通費を削ってきたりしています。これらはすべて予告がなく相談も一切ありません。
経営が良くないので無償労働をしない人は給料はあげられないと

これは当たり前のことなのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

相当悪質な会社です。「これは当たり前のことなのでしょうか?」というご相談者様のご質問ですが、「当たり前ではありません」という回答になります。

ご相談者様としてはどのような内容をご相談になられたいのか、お教えいただけますでしょうか?

お手数をおかけして恐縮でございますが、ご返信いただけたら幸いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信がないようですので、推測となってしまいますが回答をさせていただけたらと思います。

経営者に不利益変更の不当性を訴えたが聞き入れられないわけですから、もはや第三者に介入してもらって解決するしか方法はありません。

労働条件を変更するには、労働者の合意が必要であると労働契約法3条及び8条に定められております。また残業代の未払いは労働基準法37条違反です。これらを完全に破っている事になります。

これら労働法規違反を取り締まる官庁は、労働基準監督署になります。会社の住所地を管轄する労働基準監督署にこの点を申告しましょう。

労働基準監督署はただ「相談に来ました」という姿勢では、相談を聞くだけで終わってしまう事もありますので、会社に働きかけてほしい場合は、「申告します」ときちんと伝えることが重要です。

労働者からの申告を受けて労働基準監督署は違反調査を行います。調査で違反が確認できた時は、労働局長が会社に対して指導や是正勧告を行います。

労働基準監督官は、労働基準法違反の罪について司法警察官の職務を行う、と労働基準法102条に定められており、あまりにも悪質であったり、指導や勧告に従わず違法を繰り返す事業所に対しては逮捕や起訴の権限も持っています。

ご相談のケースは、労働基準監督署に介入してもらい、解決すべき事案だと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご返答ありがとうございます


返信がおそくなり申し訳ありません


 


追加で質問があります


 


店側は弁護士と税理士と相談の上不利益変更及び残業代未払い(というよりは、時間外の労働の強要)を是としたと回答してきましたが、実際にそのようなことはありえるのでしょうか?また問題ないのでしょうか。


 


こちらの質問は、若干内容からずれているかもしれませんので回答できる場合のみ回答していただければと思っております


労働基準監督署に行って相談の件了解いたしました。


 


 


 


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

労働問題に関しては、税理士さんは無関係です。

「弁護士さんが残業代未払いを是とした」というのは、店が言ってるだけで、弁護士さんから直接聞いたわけではないですよね?

おそらく店が「弁護士がいいと言った」と勝手に言っているだけだと思いますよ。

弁護士さんが「労働基準法37条違反は、やっても構いません」と言うとは到底思えませんが。

時間外労働の強要、というのは残業命令ですからそれ自体は問題はありません。残業代の未払いは問題です。

質問者: 返答済み 4 年 前.

何度も返信して申し訳ありません


 


つまり、時間外労働を強要した上で残業代を払わないのは労働基準法37条違反ということで間違いないでしょうか?

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

「時間外労働を強要したうえで」という前提は要りません。

残業代を払わないのが、労働基準法37条違反です。

 

時間外労働を強要というものがどの程度のものかわかりませんが、労働基準法36条に定める「36協定」を労働基準監督署へ届け出ている事業所であれば、労働者に残業を命じる事はできますので、業務命令としての残業命令は違法とはなりません。

 

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

回答をご覧いただきまして、ありがとうございます。

回答に説明不足やご不明な点がございましたら、何なりとご返信いただけたらと存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問