JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

娘(23歳)の就業状況について相談させてください。 仕事は東京丸の内の上場企業で人事部に勤務しており、総合職として

解決済みの質問:

娘(23歳)の就業状況について相談させてください。
仕事は東京丸の内の上場企業で人事部に勤務しており、総合職として採用関係の仕事をしています。昨年10月(10月入社の企業)に入社し、今年の5月以降、新入社員にかかわらず娘の残業(含、休日出勤)が甚だしく、早朝( 6時~7時)に家を出て終電で帰って来る毎日であり、昨夜、とうとう「身体も気持ちも持たない」と親に訴えました。小学校~高校まで海外生活が長く帰国子女の多い日本の大学を卒業、大学でも英語での教育しかうけておらず、日本的な今の部署での仕事が上手くこなせず「何やってもダメ」と自己嫌悪に陥っています。仕事が出来ない。上司からは叱られる。誰も仕事を代わってくれない。仕事が終わらず残業+休日出勤となるの毎日。上司(女性)からは、「新入社員は1年間研修期間なので残業は付けるな」とまで云われています。
私しも長くサラリーマンをやっていますが、ここまで厳しい状態は見たことがなく異常です。娘は、上司に対し実情を話す切っ掛けがなく仕事が出来ない弱みから完全に怖気づいており自ら状況を打開出来ず、母親に「上司に電話してくれ」という始末です。
これが優良企業の実態とは信じられません。親が出て行きかえって娘を追い詰めるのではと悩んでいます。何か打開の手立てはないものでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

労働時間に関してですが、労働基準法第32条により、1日8時間、1週40時間を超えて労働させることはできないと定められています。
これを法定労働時間といいます。
会社がこれを超える労働をさせるには労働者の代表と労使協定を締結し、労働基準監督署に届け出る必要があります。

優良企業と仰るくらいなので、お嬢様の会社はこの届出はしていると思いますが、届出をすれば無制限に労働させてよいわけではなく、厚生労働省が定める限度基準として1カ月に45時間とされています。

また、届出をしていたとしても、上記法定労働時間を超える労働に対しては割増賃金の支払いが必要です。

>「新入社員は1年間研修期間なので残業は付けるな」

このような理由で残業代の支払いが不要になることはなく、残業代の不払いは労働基準法第37条違反となります。

また使用者には良好な職場環境を提供する義務(職場環境配慮義務)や労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする義務(安全配慮義務)があります。

このような点からもお嬢様の職場には問題があると思います。

>母親に「上司に電話してくれ」

お嬢様がこのように望んでいられるのであれば、このような方法をとることも一つの解決策ではあると思いますが、現実問題として、このような方法であると一時的には改善はみられても結果的に会社に居づらくなり、勤務継続が困難になる可能性も否定できません。

労働基準法違反を管轄する行政機関は労働基準監督署です。

お嬢様のような労働基準法違反の職場は労働基準監督署に申告することができます。

労働基準監督署への申告を匿名で行ったり、会社に調査に入ってもらう際に定期監督という名目で調査に入ってもらうようお願いすることで、法令全般に渡って会社を調査してもらい、お嬢様の今後の勤務継続にも影響が出ないようにしてもらえます。

誰かが労基署に申告したことによって会社に調査に入るのを申告監督というのに対し、行政の年度計画に従って、労基署が任意に調査対象を選択し、法令全般に渡って調査をすることを定期監督といいます。

たまたまお嬢様様の会社が選ばれて調査に入っているということにしてもらうということです。

その他、下記URLからメールで情報を送ることもできます。

https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/roudoukijun_getmail.html

但し、これは申告とは異なるので、実際に労基署が行動を起こしてくれるかは分かりませんが。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問