JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

初めて質問いたします。よろしくお願いします。 夫の会社ではもう一年近く給与の支払いが2ヶ月分ほど遅れております。

質問者の質問

初めて質問いたします。よろしくお願いします。
夫の会社ではもう一年近く給与の支払いが2ヶ月分ほど遅れております。
支払われても一部とか、数週間も遅れての支払いだったりします。
今月はまだ給与が支払われていません。このままでは生活ができなくなります。
かといって、自己都合でやめてすぐに 仕事があるとも思えませんし、やめてしまったら未払い給与が支払われないのではないかと心配です。
また、自己都合と会社都合では、失業保険が支払われるまでの時間差もあり、生活資金が足りません。
妻である私もフルタイムで働いていますが、当然それだけでは生活費が足りません。住宅ローンやその他もろもろの経費を考えても、現状が行き詰るのは目に見えています。
こういった場合、どんな手立てがあるでしょうか。お知恵を貸していただければ幸いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

ご主人様のお勤め先の給料遅延、ご心痛お察し申し上げます。

「こういった場合、どんな手立てがあるでしょうか。」とのご相談ですので、法的な解釈と手段を回答させていただけたらと思います。

まず労働者の給与ですが、労働債権と呼ばれていて、税金の次に支払いを優先しなければならないものとされています。つまりは取引先への支払を遅らせてでも、労働者への給与は支払わなければならないのです。しかし、現実には労働者の給与の支払いを遅らせて、取引先への支払や金融機関への返済を優先している会社が多いのが現実です。

賃金の未払いは、労働基準法24条違反という違法行為です。

そこで労働問題の管轄官庁である、労働基準監督署へ「会社が賃金未払いで、労働基準法24条違反ですので、申告します」と、申告をして下さい。

労働基準監督官は、労働基準法違反の罪について司法警察官の権限を有しておりますので、労働基準法違反をしている事業所に対して、捜査、逮捕、起訴する権限を持っているのです。

「労働基準法24違反を申告」することによって、労働基準監督署が会社を調査して、賃金未払いを確認したら都道府県労働局長から会社に対して指導や是正勧告が出されます。それにも従わなかったら、逮捕や起訴もあり得るでしょう。

申告するのは、会社の住所地を管轄する労働基準監督署です。

お気をつけいただきたいのが、「相談に来ました」という姿勢では、相談を聞くだけ、で終わってしまうケースも多々ありますので、「勤め先の賃金未払い、労働基準法24条違反を申告に来ました」ときちんと伝える事が重要です。「申告」しなければ実際に動いてくれない事が多いですので、「申告」することを忘れないようにして下さい。

雇用・労働 についての関連する質問