JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

就業規則が変わったとかで、遅刻(電車遅延含め)3回の遅刻で1日分の欠勤、という扱いで給与が減額されていました。これは

解決済みの質問:

就業規則が変わったとかで、遅刻(電車遅延含め)3回の遅刻で1日分の欠勤、という扱いで給与が減額されていました。これは労働基準法上OKなんでしょうか?また、NGの場合、減額分を取り返すことは可能ですか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
3回の遅刻で1日分の欠勤との事ですが、これは労働基準法第24条における賃金の全額払いに違反することになります。そのため未払い賃金があるとして請求することが出来ます。会社にその旨を話しても支払いをしてくれないようであれば、労働基準監督署に相談せざるを得ないというように交渉されたらよろしいかと思います。

但し、遅刻については実際に働いていない時間については賃金を控除しても構いません。これはノーワーク・ノーペイの原則として遅刻した時間に該当する賃金については未払いとはなりません。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問