JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

旦那が五年ほど前から大手の運送会社(宅配)で働いています。 今の時期は朝7:30出勤で家に早くて9時、遅い日は11

質問者の質問

旦那が五年ほど前から大手の運送会社(宅配)で働いています。
今の時期は朝7:30出勤で家に早くて9時、遅い日は11時前後、年末になると日が変わってます。
その間休憩はしてないみたいです。配達でトラックを停めてる時間を毎日休憩として日報に書かされてます。お昼ご飯を食べる数分のみの時期はたまにあるみたいです。
配達から会社に戻り、時間管理と言ってまだ仕事してるのに退勤きらされることもあるみたいです。
コースが決まっているのですが、旦那のコースは範囲も広く、もっと楽な人の方がお給 料が良いです。
それはコースに県庁など集荷が出る所が多いからです。その人たちは早く帰ってます。
疲れて寝不足になり、仕事の日はほとんど家族の時間はなく、休みの日は寝てます。
年末には事故も起こしました。体調が悪くても代わりがいないからと言って休めません。
実際腰を痛めたまま仕事してました。
精神的にも肉体的にも疲れきっています。
そのコースに乗ってた方は以前自殺された方もいるらしいです。
会社は対策立てているのかいないのか…改善されません。
また魔の年末が来るのが嫌です。来月からは休みが月9回から7回になるかもしれないらしいです。
我慢して見守ることしかできないのでしょうか。
待ってる方も正直辛いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
法律においては原則として1日8時間、1週間40時間を超えて時間外労働をさせることは禁じています。ただし時間外労使協定を結ぶなど所定の手続きをすることによって残業をさせることができるとされています。

休憩時間については8時間を超える場合であれば、少なくとも1時間は与えなければならないとしています。

担当されているコースでは以前自殺された方もおられるとの事ですから、余程勤務条件が厳しいのが想像できます。

月の残業が80時間を超えるようになると、過労を原因として脳・心臓疾患や精神疾患を発症する恐れもあります。会社としてもこれらの災害を避けるために安全配慮義務を負うと労働契約法第5条にもきちんと定められています。

体を壊されてしまっては、元も子もありませんからどうしょうもない場合は転職をするということ を念頭に置かれることも必要かも知れません。

まず現状を何とかしなければなりません。仕事しているのに退勤を切らされるというのは会社が違法なのを分かった上で行なっているのでしょう。そのため会社内で働きかけても改善は難しいと思います。

そうなるとやはり外部からの働きかけを考えるのがよろしいかと思います。方法としては個人でも加入できる労働組合がありますから、そちらに加入をして労働組合と会社との話し合いの中で状況の改善を目指す、もう一つは、労働基準監督署に長時間労働や休みを取れないことを相談して会社に働きかけもらう方法があります。労働基準監督署については労働基準法違反に対して取り締まる役所となりますから労働基準法に違反をしている点を申告する必要があります。具体的には次の点を中心とされたらよろしいでしょう。

・時間外労働に対して未払い賃金がある
・休憩時間を与えられない
・有給休暇を取得出来ない
・仕事中に腰を痛めた

雇用・労働 についての関連する質問