JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業
62487826
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

はじめまして。 パート先の解雇通知について疑問があります。 5月末から社員雇用を念頭でパートとして働いてきま

質問者の質問

はじめまして。
パート先の解雇通知について疑問があります。

5月末から社員雇用を念頭でパートとして働いてきました。
経営が不振になり、8月19日に「明日から仕事がなくなりました」と8月20日から解雇にされました。

先日「解雇通知書」が郵送されてきましたが、
書面には、「解雇理由証明書→8月31日付けであなたに予告したものは(事業縮小の都合)」と有り、
別紙解雇予告通知書には「労働基準法20条の規定により、9月30日を以って解雇します。」とありました。

この場合、実際の解雇は8月20日からで、突然の解雇については1ヶ月分の賃金を請求できるか
または、9月30日まで、労働して、労働した分の賃金は貰わなくてはならないと思います。

会社側(事業主)がこの件について、経営不振で、払うお金が無いなどと
言い訳をしておりまして、一切受け入れない場合は、
どのような処置を取ったほうが良いでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  beallears-sr 返答済み 4 年 前.

回答させていただきます。

 

突然の出来事で戸惑っていらっしゃるお気持ちをお察しいたします。

冷静に対応し権利となるものを正当に主張できるようアドバイスしたく思います。

 

まず、20日に解雇と言われその日から仕事がないのであれば事実はそこで即日解雇なのかと思います。会社は解雇をする場合解雇日の30日以上前に通知することが労基法20条で義務化されています、そして、それができない場合には、予告が不足している日数分の

平均賃金(前3か月分の給料総支給をその3か月のカレンダー上の日数=公休や出勤など無関係に単に日数ということ で割ったものを1日分の平均賃金という)を解雇予告手当として

支払わなければならないとなっています。

 

しかし、実は解雇というのは法律上、事業主からの一方的な契約解除と言われており

事業主側が解雇日を決めるという形になっております。ですから、ひとまず質問者様は

「20日で即日解雇になったのだから平均賃金30日分を解雇予告手当として支払え」と主張できることになりますが、解雇日は会社が決めるのが基本となりますので、もしかすると会社側は「20日に解雇になることは伝えたが解雇になる日は31日と決めた、だから解雇予告手当は19日分のみ支払えば足りると主張するかもしれません。

そんな時は、20日~31日までは働けなかったのに無休?と思うかと思います。しかし、

この部分も法律ではきちんと保護されていて、会社が会社の都合で労働者を休業させた場合は1日あたり平均賃金の60%以上の金銭を「休業手当」として支払うことが義務となっております(労基法26条)ですので、このような場合、最悪は21日~31日分について、この休業手当を請求すればよろしいと思います。

すぐに解決しない場合は下記に書きましたが監督署への申告されるとよいでしょう。

 

なお、会社に金がない場合の金銭の回収ですが、現状は事業縮小であって倒産ではないでしょうから、裁判所制度や監督署への申告(違反を個人名で具体的に通報すること)で金銭回収をめざしましょう。まずは後者の申告の方が利用しやすくお金もかからないのでよいでしょう。差し押さえるなどの権限はないまでもそれなりの効果は発揮できる手法です。

もっとも、差し押さえなければ払えないような状態でれば、差し押さえたとしても

回収はかなり難しいので末期ということになります。

 

最後に、監督署の指導中に倒産などとなった場合についても触れておきます。

この場合、会社がきちんとした法的倒産(「破産手続」など)をとれば

管財人というものが会社に代わり財産を処理していくのですが

通常この段階で国の「未払い賃金立て替え払い制度」というものを利用し解決をはかります。

もし、会社の状態が悪く法的倒産も取れない状態なら監督署が「未払い賃金立て替え払い制度」の利用して解決を図ります。

管財人が解決を図る場合、監督署が解決を図る場合、いずれの場合も、質問者様が何かする必要はなく指示があって書類を書くだけです。

立て替え払い制度で解決する場合は通常は正式に倒産した日から4~5か月後くらいに

未払い賃金総支給額の8割が入金になります。(8割というのは手取り額を意味する)

なお、このあたり制度が複雑なのでもしより詳しい情報が必要であれば監督署で制度の説明を受けることが可能です。

 

以上、かなり長くなりましたが、少しでもお役にたてば幸いです。

beallears-srをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

アドバイス有難うございます。
早速参考にさせて頂きます。


また、ご相談する事があるかもしれませんが、


何卒、よろしくお願い致します。


 

専門家:  beallears-sr 返答済み 4 年 前.

この度は、ご相談いただき有難うございました。

ご参考になりましたら幸いです。

今後とも宜しくお願いいたします。

雇用・労働 についての関連する質問