JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

私の息子(41歳)が9月20日深夜、左足裏が痛みだし歩けなくなり、救急病院に行ったところ、坐骨神経痛との診断で鎮痛剤

解決済みの質問:

私の息子( 41歳)が9月20日深夜、左足裏が痛みだし歩けなくなり、救急病院に行ったところ、坐骨神経痛との診断で鎮痛剤をもらって帰り、翌日同じ病院に行ったところ同じ診断でしたが、特段の治療をすることはないので、数日経過した後、インターネットで探した接骨医にかかっています。その接骨医はレントゲン写真で診て、椎間板ヘルニアが原因とのことで、その治療を受け手います(坐骨神経痛という病気はなく、様々な部位の障害で坐骨神経が痛むのだそうです)。仕事は終日、冷凍倉庫のなかで、食品を台車に載せたり降ろしたりを約9年やっておりますが、いわゆるギックリ腰を起こしたことはなく、今回も腰の痛みは出ず、仕事帰りの電車の中から痛み出したそうです。 契約社員となっていますが、有給休暇制度はありますので、現在はその取得という形となっています。有給休暇期間が過ぎたあと、解雇されることが心配です。椎間板ヘルニアが原因とは知らなかったので、労災扱いではなく、健康保険で受診しました。接骨医は保険外です。労災保険適用の可能性についてご教示いただければ幸いです。 東京都板橋区 xx

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

息子さんの通院、ご心痛お察し申し上げます。

労災認定の可能性について、とのご相談ですが、まず始めに申し上げますのは、労災の認定は、①業務起因性②業務遂行性、の2つが満たされていることが絶対前提です。

つまり今回の息子さんの痛みは、業務上の事由で発症した、他の理由(仕事以外の理由)で発症したのではない、という判断を労働基準監督署がした場合に、労災認定となります。

ですので、労災認定の可能性を判断できるのは医師しかおりません。

かかっている医師に「労災の申請を行いたい」とご相談いただき、業務の細かい詳細や息子さんの既往歴などを説明して、医師が「今回の発症は、業務に起因するものである」と判断してから、労働基準監督署への労災申請となります。

労災請求書には医師の意見欄もありますので、医師が「業務上で発症した痛みではない」と判断したら、その時点で労災申請はできなくなります。

医師が「業務上の原因」と意見書を書いてくれたら、労働基準監督署へ申請です。

そこで労働基準監督署は、医師の意見や職場環境の確認などを行い、総合的に判断して労災認定の可否を判断します。

仕事以外に今回の痛みの原因が思い浮かばないようでしたら、ぜひ労災申請をすべきでしょう。

低温の中で長期間にわたり力仕事を行ってきた、事が今回の痛みの原因であると考えられるならば、労災が認定される可能性は高い、と言えるでしょう。まずは医師に「労災を申請したい」旨を伝え、相談です。

 

※回答にご不明な点がございましたら、何なりとご返信いただけたらと存じます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

労災保険による休業補償をうける方法をご相談させて下さい。


前回相談のように、8 月20日夜に左側下肢の痛みで帝京大学病院の救急に行き、坐骨神経痛と診断され(レントゲン撮影)、翌21日に同病院外来での診察でも同じ診断でした。28日より接骨院で治療を受けていますが、指定された病院でのレントゲン検査とMRIにより、椎間板ヘルニアに起因する下肢の痛みとの判断で、椎間板の異常は長年の荷物運搬作業(しかも冷凍倉庫内)が原因としか考えられないとのことです(これまで腰痛やギックリ腰はありません)。しかし、接骨院は椎間板の異常について公的な診断を下す資格がないとのことです。


勤務先との間では有給休暇(40日)の消化ということにしてありますが、有給期限切れで解雇の恐れがありますので、労災申請し、休業補償を受けたいと考えておりますが、接骨院では診断を出してくれないので、私が通院していた整形外科に経過を説明し、レントゲン・MRI写真を接骨院から借り出して診断を受けはどうかと考えています。このような進め方で問題ないでしょうか?

雇用・労働 についての関連する質問