JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

初めてご相談致します。私が勤めているO町Sクリニック〒XXX-XXX 東京都江東区

解決済みの質問:

初めてご相談致します。 私が勤めている O町Sクリニック〒XXX-XXX 東京都江東区XXXX2階 03-XXXX-XXXX では、勤務時間が 平日8:30〜18:00(休憩1時間30分) 第1・3土8:30~13:00 勤務が月曜~金曜、および第1・3土曜日(日、祝日休み) となっております。 その他、年末年始5日、夏季休暇は8/12~8/16 ですが、第1・3 土曜日がある週は、週労働時間が40時間を超過しております。 これは、労働基準法の法定労働時間を超えるのではないでしょうか。 ご判断いただきたくご相談いたします。 尚、36協定に同意した書類はありません。 ご回答、よろしくお願いいたします。 職員は以下のとおりです。 医師6名(常勤1名、非常勤5名)、看護師3名(常勤1名、非常勤2名)臨床検査技師3名(常勤2名、非常勤1名)、医療事務1名(常勤1名)、健診事務2名(常勤2名)、診療放射線技師2名(常勤1名、非常勤1名)

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

労働時間に関してですが、労働基準法第32条により、1日8時間、1週40時間を超えて労働させることはできないと定められています。
これを法定労働時間といいます。
使用者がこれを超える労働をさせるには労働者の代表と労使協定を締結し、労働基準監督署に届け出る必要があります。

また、この法定労働時間を超える労働に対しては割増賃金の支払いが必要です。

但し、法定労働時間の特例として、常時使用する労働者の数が10人未満の保健衛生の事業であれば週44時間まで労働者を労働させることができます。

貴方の職場は常時使用される労働者の数は10人未満のようですのでこの特例の対象となっていると考えられます。

ご相談内容からは土曜日の休憩時間が不明ですが、30分以上あれば問題ないようです。

また、休日に関しては毎週少なくとも1日または4週間に4日の休日を与えなければならないと労働基準法第35条に明確に定めてあります。

これを法定休日いいます。

貴方の職場は週に1日休日が与えられているようですので、休日に関しても違法性はないようですね。

ちなみに、年末年始休暇、夏季休暇は法律で定めらた休暇ではありません。

(会社はこのような休暇は与えても与えなくてもいいということです)

ご相談内容から判断できる範囲で回答させていただきましたが、労働時間、休日に関して補足の回答が必要であれば、ご返信にてご指摘ください。

質問者: 返答済み 5 年 前.


ご回答ありがとうございました。


常時使用される労働者についてですが、非常勤、パートも含まれるのではないでしょうか?


また、その場合曜日によって10人以上だったり、未満だったりする場合はどうでしょうか?

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

常時使用される労働者にはパートも含まれます。

但し、非常勤が含まれるかどうかの判断はその実態によります。

実務上、行政の判断も非常に曖昧であり、その日に10人以上、未満で判断というより、その時にたまたま10人未満であっても、ある期間を平均して10人以上であれば10人以上と判断されるようです。

行政の判断自体が非常に曖昧ですので、回答も曖昧なものになってしまいますが、その判断は貴方の職場を管轄する労働基準監督署がどう判断するかによるでしょう。

一度、貴方の職場の住所地を管轄する労働基準監督署にご相談されてみることをお勧めいたします。

電話で匿名でも相談に乗ってくれます。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問