JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

remember2012に今すぐ質問する

remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

ご相談があります。 会社側がコールセンターを内製化するにあたり、担当社員の就業条件変更を定時してきています。 私

解決済みの質問:

ご相談があります。
会社側がコールセンターを内製化するにあたり、担当社員の就業条件変更を定時してきています。
私としては拒否したいです。どのように会社側と対峙すればよいでしょうか?
(退職はしたくありません。)

・現在の契約内容
職責:コールセンターマネージャー
役職:一般(一般、マネージャー、リーダーという役職が存在)
休日:土日祝
勤務時間:9-17.5


・変更後の契約内容
休日:平日含めて週休2日(土日祝出勤、連休とれない可能性あり)
勤務時間:10-19
役職はないが職責はマネージャーなので土日祝も出勤してもらい、業務を遂行する責任があるといわれています。就業規則にも休日は定められていますが、それも変更するといっております。

拒否理由は、休日や定時後にスクールに通っているためです。
その点については定時後の私的活動のため、詳細を会社側に話したいとは思いません。(転職準備の活動でもあるため。)

以上、宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

就業条件の変更を提示されているということですが、個別の労働契約の内容を変更するということでしょうか?

もしくは就業規則の変更により、従業員の労働条件を包括的に変更するということでしょうか?

宜しくお願い致します。

質問者: 返答済み 4 年 前.

就業規則も変更するようですが、職種上該当するのは私だけとなります。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

再度の確認となりますが、就業規則で役職によって休日や勤務時間が異なる定めがしてあるのですか?

貴方が今、会社から求められているのは個別の労働条件変更の合意書ではなく、就業規則の変更の合意書ということですか?

個別の労働条件変更と就業規則の変更による労働条件の変更で回答が異なってきますので、ご返信の程よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

不足が多く申し訳ありません。


 


>再度の確認となりますが、就業規則で役職によって休日や勤務時間が異なる定めがしてあるのですか?


 


現在してありません。そのことを聞いたところ就業規則は変更すればいいだけ、という回答でした。
変更後はコールセンター従事者(私のみ対象)は土日祝、9-17,5時ではない雇用契約を結ぶこともある、といった追加文言が掲載されるようです。



>貴方が今、会社から求められているのは個別の労働条件変更の合意書ではなく、就業規則の変更の合意書ということですか?個別の労働条件変更と就業規則の変更による労働条件の変更で回答が異なってきますので、ご返信の程よろしくお願いいたします。


 


個別の労働条件の変更(新契約書の締結)です。就業規則の変更合意書ではありません。


 


以上、宜しくお願い致します。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

それでは回答させていただきます。

 

個別の労働条件の変更ですね。

現実的には労使関係は継続的な関係のため、会社の事情に応じて賃金・労働時間などの労働条件を変更しなければならないことがあります。

しかし、労働契約法第3条により「労働契約は労働者および使用者が対等の立場における合意に基づいて締結し、または変更すべき」とされ、また同法第8条により「労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる」とされています。

つまり、労働時間の変更、休日の変更(日数減少)などの労働条件を変更するには労働者の同意が必要であり、一方的には変更できません。

もちろんこの同意をしないからといって、同意しない労働者に対して不利益な取り扱いや、解雇などは無効となります。

つまり、貴方が変更を断固拒否し、同意しなければ会社は貴方の労働条件を変更をできず(そのために新契約書の締結を求めているのでしょう)、退職を迫ることもできません。

仮に強行的に変更をしてくるようであれば、労働基準監督署に申告するしかありません。

会社に指導が入るでしょう。

とは言っても、先に述べさせていただいたように、会社も事情があって貴方に変更を求めているのだと思いますので、全てを断固拒否し続けていても、会社との関係性が悪くなり、結果的に会社に居づらくなる可能性も否定できません。

貴方もある程度の条件変更を受け入れる必要はあるかもしれません。

(あくまで貴方がどう考えるかによりますが)

お互いに納得がいく解決が図れないのであれば、労働局のあっせん制度を利用することも一つの方法です。

あっせん制度とは国が指名したあっせん委員が仲介役となって、労使の間に入り和解による解決を目指すもので無料で利用できます。

双方の主張を聴きますが、事実の認定は行わず、あっせん案の提示が行われます。

簡単に言えば、国が話し合いの場を作ってくれる制度です。

ほとんどのケースが、概ね1ヵ月程度で解決します。

ご参考までに貴方のお住まいの労働局あっせん制度のURLを記載させていただきますので、より詳細な内容はこちらでご確認いただければと思います。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/3.html

これは裁判などと異なり、会社と争う姿勢なく、平和的な解決が望めます。

>コールセンター従事者(私のみ対象)は土日祝、9-17,5時ではない雇用契約を結ぶこともある、という条項を就業規則に定めたとしても、雇用契約を結ぶことがあるというだけですので、実際に雇用契約を変更、もしくは新たに締結するには対象者(現在は貴方のみ)の同意が必要です。

これが「コールセンター従事者の勤務時間は10-19とする」というような変更であればまた別ですが。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご返答ありがとうございます。
概ねわかりやすく納得できる回答でした。ありがとうございます。


最後に評価前に下記の点だけ確認させてください。



>これが「コールセンター従事者の勤務時間は10-19とする」というような変更であればまた別ですが。


 


この件が気になったのですが、、、


例えば、「コールセンター従事者の勤務時間は10-19、また休日は曜日を定めない(日数は減らさない)」というような変更が就業規則にされた場合、私は条件変更となる契約書に同意をしなければいけないのでしょうか?


 


さらにコールセンターの受付時間が10-19時ですので、その時間での契約ですと、業務のために使用せざるをえない前後の時間の扱いが、他の社員と比較し不利益になると思います。


 


例えば10時にセンターを開けるにはそれ以前に出勤しなければなりません。同じように19時に来た電話も対応が必要です。
現在全社員の残業時間が、みなし残業時間30時間として給与に含まれるかたちなのですが、これを理由にみなし残業を廃止してほしいと要求するのは不当な要求となるのでしょうか?


 


コールセンター従事者以外の社員は、9時過ぎに来ることも可能ですし、17.5に帰社することも可能です。そのように調整ができる社員は良いですが、調整できない社員は不利益といえないでしょうか?
10-19時拘束される上にみなし残業があるままの契約条件は、不利益だと感じます。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

>これが「コールセンター従事者の勤務時間は10-19とする」というような・・・

これは個別の労働契約によって労働条件を変更するのではなく、就業規則によって包括的に変更をする場合のことを申し上げました。

今回、情報リクエストから貴方の場合はこれには該当しないようでしたので、回答を省略させていただいたのですが、多少長くなりますが回答させていただきますね。

就業規則を使用者が一方的に変更した場合、それが貴方のように反対の意思を表明する労働者を拘束するかについては、最高裁の判例によって、労働契約法で条文化されています。

労働契約法第9条により、「使用者は、労働者と同意することなく、就業規則を変更することにより、労働者の不利益に労働契約の内容である労働条件を変更することはできない」と定めてあります。

しかし、この条文には但し書きとして「ただし、次条の場合は、この限りでない」とあり、労働契約法第10条には「 使用者が就業規則 の変更により労働条件を変更する場合において、変更後の就業規則を労働者に周知させ、かつ、就業規則の変更が、労働者の受ける不利益の程度、労働条件の変更の必要性、変更後の就業規則の内容の相当性、労働組合等との交渉の状況その他の就業規則の変更に係る事情に照らして合理的なものであるときは、労働契約の内容である労働条件は、当該変更後の就業規則に定めるところによるものとする」と定めてあります。

つまり、就業規則の変更が合理性のあるものであれば、貴方が拒否をしたとしても、変更後の就業規則に拘束されることになります。

合理性の有無の判断基準としては最高裁の判決により、以下のような要素を勘案することとされています。

①就業規則の変更によって労働者が受ける不利益の程度

②使用者側の変更の必要性の内容・程度

③変更後の就業規則の内容自体の相当性

④代償措置その他関連する他の労働条件の改善状況

つまり、就業規則の合理性があるかについては最終的には裁判で決着をつけるしかないということです。

とはいっても、いきなり裁判等で決着をつけるのは時間と労力がかかり、労使双方にとってもマイナスですので、双方で話し合いで解決するか(会社としては従業員の同意を得ようとする)、先の回答でも述べさせていただいた労働局のあっせん制度を利用することになります。

一方、みなし残業時間制に関しては、過去の判例から違法とまでは言えないと判断されており、導入している会社は少なくありません。

但し、実際の残業時間が30時間を超えているのにもかかわらず、その差額分を支給しないのは違法となります。

>10時にセンターを開けるにはそれ以前に出勤しなければなりません。同じように19時に来た電話も対応が必要です。

これが会社からの命令、もしくは黙示の命令となっているのであれば、その時間も残業時間とみなされますので、この時間も併せた残業時間が30時間を超えているのであれば、その差額分を会社は貴方に支払う必要があります。

>これを理由にみなし残業を廃止してほしいと要求するのは・・・

これを理由にみなし残業制自体の廃止を求めるのではなく、実際の残業時間に対する賃金の支払い(差額分の支払い)を求めていくことになります。

>10-19時拘束される上にみなし残業があるままの契約条件・・・と思われるのであれば、会社が提示する労働条件に同意する必要はありません。

もしくは、この労働条件を受け入れる代わりに労働時間の実態をお話しし、基本給などの賃金増額を交渉してみられてはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 4 年 前.

就業規則によって包括的に変更をする場合のことを申し上げました。
就業規則の変更が合理性のあるものであれば、貴方が拒否をしたとしても、変更後の就業規則に拘束されることになります。


===


 


上記のような就業規則の変更→拒否のあと、話し合い等の決着がつくまでは変更後の就業規則に従う必要はあるのでしょうか?


(はっきりするまで従いたくないのですが、勤務態度不良など懲戒解雇等を懸念しています。)


 

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

就業規則が変更されればそれに従うことになります。

話し合い等の決着がつき、変更が無効であると判断されれば、変更されなければ得られたであろう今までの貴方の権利(金銭)、場合によって、その他の金銭(解決金)を請求することになります。

しかし、そのような解決はその時点で使用者との信頼関係はすでに崩壊している可能性が高く、現実的なお話として、その後の勤務継続が困難になることが多いようです。

事前によく話し合って、お互い妥協できるところは妥協し、お互い納得のいく労働条件で勤務を継続していかれることをお祈りしております。

 

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

こんばんは。

回答を全てご覧いただき、ありがとうございました。

まだ評価をしていただいていないようですが、ご不明な点、説明不足だと思われる点などありましたら、ご返信にてご指摘ください。

また、追加のご質問をされる場合は回答をプラス評価していただいた後に、ご返信いただくか、もしくは新たな金額を提示し新規投稿していただく必要があります。

(最初の回答の補足をご希望であればそのままご返信いただければ大丈夫です)


サイト規約となっておりますので、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験: 社会保険労務士
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • sin4864

    sin4864

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    279
    労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SI/sin4864/2011-8-18_02555_100909174435.64x64.jpg sin4864 さんのアバター

    sin4864

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    279
    労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MR/Mr.K6307/2011-8-28_81237_6C53.64x64.jpg Mr.K6307 さんのアバター

    Mr.K6307

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    76
    2007年 愛知県立大学外国語学部卒業 2007年〜トヨタ系部品メーカー勤務 2010年 社会保険労務士試験合格 2011年〜某社会保険労務士法人勤務
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YS/yspop2000/2011-10-20_222210_DSC4088.64x64.JPG yspop2000 さんのアバター

    yspop2000

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    29
    元労働局総合労働相談員、相談経験豊富。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EN/enas1103/2011-8-28_142524_2010101623.08.19.64x64.jpg ena0725 さんのアバター

    ena0725

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    7
    平成17年度社労士試験合格。19年社労士登録。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/TO/tokyoyuka/2011-10-28_23118_SH3L00053.64x64.jpg tokyo-yuka さんのアバター

    tokyo-yuka

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    4年生大学卒 日本年金機構の職員を経て2010年開業登録 現在も年金相談窓口業務を担当 その他スクール社労士科講師など
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    151
    早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/TO/tondensr/2011-10-24_8272_bigshirt.64x64.jpg beallears-sr さんのアバター

    beallears-sr

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    86
    法学部卒業
 
 
 

雇用・労働 についての関連する質問