JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

娘婿が職場でいじめにあって欝になっていると娘から相談をうけました、自分はそれなりに柔な感じな男とは感じておりません、

解決済みの質問:

娘婿が職場でい じめにあって欝になっていると娘から相談をうけました、自分はそれなりに柔な感じな男とは感じておりません、今迄にも転勤は7回位していますが弱音を吐いたり、仕事に嫌気を感じず、むしろ仕事第一、家庭はその次のように頑張っているいまどきめずらしい男と感じております。今回のように娘から相談を受けた事も一度もありません、娘からの話では単身で赴任をした時台所で寝かされ、仕事も与えられず、お前が係長になったのは信じられない、職場で罵声をあびせられて、結婚して8年、はじめての体験と戸惑いと相談がきました、孫達のいじめならば学校に自分からで相談にゆきますが、大人のいじめで会社の社長にも直訴もできず、悩んでいるところです。娘婿は国立大学の修士をでていて技術職です、建設業には未だに古い慣習があるのでこの様な状況が起きるのかと驚いています。退職は簡単ですが、できれば穏便に転勤を申請して打開する方法はないものでしょうか?  先生方のお知恵に甘えたく、 孫達のためにも良きアドバイスをお願い申し上げます、 迷える祖父より。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

お婿さんの会社でのパワハラ被害、ご心痛お察し申し上げます。

 

ご相談者様のおっしゃる通り、大人の問題ですので、お婿さんご本人が行動に移す必要があります。

穏便に、という部分が難しい所ではあるのですが、今回のようなケースで労働者が取れる手段をご説明させていただけたらと思います。

会社には職場環境配慮義務というものがあり、労働者にとって働きやすい環境を整える義務があります。お婿さんが置かれている状況は、これにほど遠い状況です。まずはお婿さんが会社の上司(パワハラを行っている人よりも役職の上の上司)に報告・相談をして会社として改善をしてもらうのが重要です。これで解決すれば最も穏便な解決となります。会社が行う改善とは、パワハラを止めさせる、お婿さんを転勤させる、など今の状況を好転させるための措置を指します。

報告・相談をしても会社が改善をしてくれなかった場合には、社内解決は不可能という事になり、第三者の介入や法的な手段を取らざるを得なくなります。

 

第三者とは、労働問題を取り締まる労働基準監督署です。労働基準監督署へパワハラ被害を申告して、都道府県労働局長から指導や是正勧告をしてもらうのです。なお、労働基準法104条では、

「使用者は、申告したことを理由として、労働者に対して解雇その他不利益な取扱をしてはならない」

と定められております。つまり、「労働基準監督署なんかにタレこみやがって!」と解雇やパワハラなどをしてはいけない、とされております。これに違反した者には罰則が設けられております。

 

 

他には、都道府県労働局に「あっせん」の申し出をする方法です。(労働基準監督署内の、総合労働相談コーナーでも、あっせんを受けつけてもらえます)

あっせんとは、あっせん委員と呼ばれる第三者(弁護士など)が、労使双方の主張を聴き、和解案を提示するという国の制度です。費用はかかりませんし、弁護士などの専門家を依頼することも不要です。

ここで「パワハラを今後一切行わない」などの和解をする事が可能です。

裁判のようにおおごとにはならず、それでいて第三者(あっせん委員)に間に入ってもらえるので、使い勝手のいい制度です。

労働局長による指導や、あっせん制度についての和歌山労働局のホームページのURLを以下に添付させていただきますので、ご参考にしていただけたらと存じます。

 

【和歌山労働局・指導やあっせん】

http://wakayama-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/roudoukyoku/kanren_shisetsu/sougou_roudou_soudan.html

これらの公的機関や手段を用いて、労働問題を解決するのが一般的です。

 

※ご不明な点がございましたら、何なりとご返信いただけたらと存じます。

質問者: 返答済み 5 年 前.


貴重な回答をありがとうございます、娘に連絡をして短期を起こさないように


れんらくします、また、労働基準監督署にも相談してみます、


本当にありがとうございました、先生の今後のますますのご活躍を祈念いたしております。

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

こちらこそ、ありがとうございました。

お婿さんの会社での問題が無事に解決されますことを心よりご祈念申し上げます。

 

※恐れ入りますが回答が参考になりましたら、プラス評価をいただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問