JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業
62487826
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

ご質問させていただきます。 一勤務辺り24.5時間(休憩時間8時間)勤務をしております。 勤務8:00~翌8:3

質問者の質問

ご質問させていただきます。
一勤務辺り24.5時間(休憩時間8時間)勤務をしております。
勤務8:00~翌8:30→明け非番→休みの繰り返しで、月10日程度の勤務です。
休憩時間とは言っても外出禁止の待機状態で、何かあったらすぐ勤務に戻らなくてはなりません。
欠勤者がでた場合に36時間拘束(他のメンバーです)の勤務をした者がいます。
少人数でのローテーション(3チーム2名体制)のため年休はとれる状態にありません。
この様な勤務は法律的に問題はありませんでしょうか?
ご教授
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

回答させて頂きます。

 

まず、勤務の組み方そのものについて法律的な問題はありませんが

 

>休憩時間とは言っても外出禁止の待機状態で、何かあったらすぐ勤務に戻らなくてはなりません。

この部分につきましては、法律上問題があると考えられます。

なぜなら、このような何かあった場合に対応せざるを得ない時間は

「手待ち時間」と呼ばれ、労働基準法上の「労働時間」に該当すると

考えられているからです。

警備業やタクシーやトラック業界もこの「手待ち」時間がよく問題となるので

労基署も定期的に調査をし指導を行っていると聞いています。

 

調査の強さにもよるでしょうが

労基署への相談は匿名(電話でも)でも可能ですので

この「手待ち時間」が労働時間とされていない点と

有給休暇が取得しにくい環境である点の

2点を法違反の可能性アリとしてご相談されるのも選択肢の一つと考えます。

 

以上、少し長くなりましたが、ご参考になれば幸いです。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。


 


一点お伺いするのを忘れてしまったのですが
A社→B社→(C社私の所属)の3社が現場で勤務しております。


B社はA社からC社はB社から仕事を請け負っています。


A社、B社双方から指揮、命令を受けていますが問題はないのでしょうか?

専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.
引き続き、回答させて頂きます。

その流れで業務を委託され請負って
仕事をされているのだと思いますが、
請負はCならCが独立して仕事を行う
もので、指揮命令を受けるならば
派遣登録し派遣関係になければ
なりません。
偽装請負の可能性がありますから
都道府県労働局にあります職業安定課
需給調整事業室へ通報または相談した方が
良いかもしれません。こちらも匿名可能です
まずは相談が良いかもしれませんね。

以上、ご参考になれば幸いです。
beallears-srをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

迅速、ご丁寧に対応頂きありがとうございました。

専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.
こちらこそ、ご利用ありがとうございました。

雇用・労働 についての関連する質問