JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業
62487826
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

初めまして、さっそく質問ですが、私が経営している会社(建設業)にA社という会社が手伝いに来ていました 半年ぐらい付

解決済みの質問:

初めまして、さっそく質問ですが、私が経営している会社(建設業)にA社という会社が手伝いに来ていました
半年ぐらい付き合いがなくなり、その後A社の手伝いに来ていたBから連絡があり「A社をやめたい」との相談を受け「なら僕のところで働くか」と伝えたところ「ぜひ働きたい」との返答があり私のところで働くようになりました。
ところがBはA社をやめるときに、辞表を誰もいないときに事務所に置き、貸与されていた車、携帯電話などを置いて逃げるようにA社を退職してきました、さらにお金もA社から借りていたみたいで返済もしていません。
A社の社長は躍起になりBをさがしていてBの家に行きBの妻や親に「Bはどこにいる」「Bが同じ商売をしていたらただじゃおかない」などのを連日のように電話や訪問して言っているみたいです。
私の立場上、どのように対処すればいいのでしょうか、また法律上、問題はありますか?
ちなみに私とA社の社長とは面識がありません。 よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

回答させていただきます。

 

私も仕事がら以前に同じような相談を受けたことがります。

本当はこのような面倒にならぬよう非がないようにしてから

来ていただきたいものですよね。

しかし、起きてしまったこと、すでに過ぎ去ったことは残念ながら

変えられませんので

Bに対しては、今からでもキチンとした対応をして区切りをつけるよう

質問者様がお話してはいかがでしょうか。

なぜなら、これ以上A社ともめてしまっても得は何も無いでしょうから。

A社には質問者様は正しく常識的な対応をしている事をアピールできる状態をつくったほうが

良いと思うからです。

 

Bは正しくはきちんと話をしたうえで少なくとも民法627条の2週間後または

会社のルールがあればその期日(多くはヶ月後など)を退職日とした退職届を出して

退職日まで勤務しあいさつし退職すべきでした。

(質問者様からするとすでにご存じで常識かもしれませんが)

 

しかし、もうそれができなかったので

今からできることは、再度手紙を送り

「すでに退職届は提出しておりますが、その予定通り~月~日をもって

~という理由で急にやめざるおえなくなってしまいました、大変申し訳ありません

借入金につきましては~月に~円~月に~円を間違いなく返済いたします。

なお、社用車と携帯電話は~にま違いなくお返ししております

大変お世話になりました。」

などと手紙を出して感情を抑え借金の返済を確実にすることがよろしいと思うのです。

おそらく借金が大きく相手の感情を高ぶらせているのだと思いますのでそこを確実なものとして抑えるのがよろしいのではないかと思います。

 

なお、法律的にはBがどこに就職するか同業なのかは憲法上の職業選択の自由により

自由に決められます。よほどの幹部社員が入社時に相当の待遇を用意されたうえで

入社時に競業避止の誓約書など書かされた場合では職業選択の自由よりも競業避止が優先し数年間は一定の地域で一定の業種に転職できなかったり独立開業できなかったり

する例がありますが非常にまれですのでご安心ください。

 

以上、少し長くなってしまいましたが少しでもお役にたてば幸いです。

 

beallears-srをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問