JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

5月26日から8月20日まで山形県村山市の農園で住み込み短期のアルバイトをしておりました。 月末締め給料日20日。

解決済みの質問:

5月26日から8月20 日まで山形県村山市の農園で住み込み短期のアルバイトをしておりました。
月末締め給料日20日。時給650円。残業代なし7時間労働。タイムカードなし。
ほぼ毎日時間外労働。休日もひと月に3日の月もあり。
一軒家の寮に一人で生活。食事付き食費一食400円一日1200円。寮費一ヶ月2万円。
光熱費実費で。水道、ガス、電気それぞれの請求書はみせてもらえず3ヶ月だいたい同じだったとのことで3ヶ月同じ金額を請求されました。
5月分の給料は支払われました。残りの約3ヶ月分の支払いがまだです。お金がないから貸しておいてくれといわれ支払日を日が経つごとに延ばされ今年の年末までといわれています。
面接時に残業代は出ないといわれましたが知人から残業代は支払われるべきものときいたので請求しましたがお金がないと同じ理由で来年の末まで待ってくれといわれました。
残業代まで請求したことに腹を立てたようで野菜の収穫の一時間のノルマをこなしてない、30分の休憩がそれ以上だといわれました。ノルマのことなどいっさい説明されたことはないですし休憩に関してもきちんとした説明もなく今更畑から休憩場所への移動も含めて30分以内だと。
以前この農園で働いていた方々にも給料未払いが続いているようです。住み込みアルバイトで入ってくる人たちも給料もらえないと諦め夜逃げのように帰っていきます。
この農園は以前労働基準局から注意を受けて罰金を払っているとききました。地元の新聞にも載ったそうです。
私が農園へ働きに行ったのは稼ぐ事が目的ではなく興味をもった農家の仕事をしたいという思いでしたので時給が安くても残業代がなくても自分のために頑張ろうと働きましたがその思いだけではとてもやっていける状況ではなく悔しい思いで後悔しないよう給料と残業代を必ず払ってもらうよう請求をしたいと思っております。今現在働いている従業員にも給料未払いにもかかわらず今もまだアルバイト募集をしていることも許せません。
私は東京に実家があり現在東京に戻り東京で暮らしています。今現在もこの農園で働いている同僚は地元の労働基準局へ相談の電話をしたようです。人数が多いほうがいいのではと思い山形で同僚と一緒に動きたいとは思いますが滞在費や旅費がかかりますのでどうしたらいいのかと悩んでおります。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

賃金の未払い、ご心痛お察し申し上げます。

現在も農園で働いている同僚の人が労働基準監督署へ相談したのは正解です。

ただし、相談だけでは「相談を聞く」「アドバイスをする」だけで終わってしまう可能性もあります。

賃金の未払いは労働基準法24条違反であり、残業代未払いは労働基準法37条違反という立派な犯罪です。

これらの犯罪をきちんと取り締まってもらうには、「相談する」のではなく「会社の違反を申告する」ことが大事です。労働者からの申告によって労働基準監督署は解決に向けて動き出します。もちろんご相談者様本人が、農園の住所地を管轄する労働基準監督署に申告するのがいいのですが、同僚が申告すれば、会社全体の賃金未払いを改善するように労働基準監督署は動きます。

ですので、まだ働いている同僚の人に、この回答を教えてあげていただいて、労働基準監督署へ正式に申告してもらったらいかがでしょうか。その際同僚には念のため、「私の賃金の事も話しておいてね」と依頼されたらよろしいでしょう。

労働基準監督官は、労働基準法102条において

「労働基準監督官は、この法律(労働基準法)違反の罪について、刑事訴訟法に規定する司法警察官の職務を行う」

と定められております。これは、労働基準監督官は労働基準法違反をしている事業者に対して、捜査や逮捕、起訴する権限を有している、ということを表しています。

まだ働いている同僚と連絡を密にとって、同僚から労働基準監督署へ「申告」してもらい、事業主の賃金未払いに対抗して下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


少し質問をさせてください。


会社の違反を申告とありますが、違反にあたることが何かを知人からきいて少しは分かりましたが色々と無知なもので申告する際に労働基準監督署の方と相談しながら申告できるのでしょうか。それとも自分で調べて完全な状態で申告するべきなのでしょうか。


もしも逮捕に至った際にも未払いの給料はもらえるのでしょうか。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

労働基準監督署の担当者と相談しながら申告できます。ご安心ください。

逮捕、という事態はほとんどあり得ません。まずは指導や勧告という形から入ります。そして、逮捕=倒産 ではありません。逮捕になったからといって未払い賃金が支払われなくなることはありません。(会社が倒産したら、支払いされなくなることはありますが)

何も行動を起こさなければ今の状況は何一つ変わりません。

まだ働いている同僚の方々と連携して、労働基準監督署への申告を進めていただけたらと存じます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問