JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

初めまして、はじめて利用させていただきます。 先日、会社(歯科医院)から解雇をいわれました。私は歯科衛生士として働

解決済みの質問:

初めまして、はじめ て利用させていただきます。
先日、会社(歯科医院)から解雇をいわれました。私は歯科衛生士として働いてました。

先週の水曜日の夜に同僚から電話で、その同僚も含む、私、その同僚、もう一人の同僚の3人はリストラにする候補にしたから、私ともう一人の同僚にも伝えておいて、と言う電話をもらいました。
本人の口から聞かないと、納得も出来ないので後日の土曜日に直接お話を聞きました。

解雇の理由としては、僕には借金があって、経営を良くしようとしたがだめで、税理士から給料を下げられないか、人を切れないかと相談をされていたと。
その時に、今回、医院のHPの更新で写真をとりたいと言われていたのですが、個人情報のこともあり断ったのですが、その事で、僕に協力をしてくれない者とみなされ、解雇するとの事でした。
これは不当解雇にあたりますか?
また、解雇日は解雇と言った本人も決めていなく、3ヶ月前には言うからとのことだったので、
逆にこちらから解雇日は決めてもいいのですか?と質問したところ、3ヶ月前に言ってくれればいいとの回答でした。
この場合でも会社都合の解雇で通りますか?こちらから決めると自己都合にならないか心配でして。
こちらも、解雇といわれてもうそこで働きたくはないので、解雇日があまり先でも不快で。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
まず「医院のHPの更新で写真をとりたいと言われていたのですが、個人情報のこともあり断ったのですが、その事で、僕に協力をしてくれない者とみなされた」との事ですが、当然ながらそれだけを理由として解雇することが出来るわけではなく不当解雇となるでしょう。

解雇が受け入れら れないというのであれば、退職届などの書類を提出しないことです。
退職届を出してしまうと自己都合退職と言われても反論できる材料がなくなるためです。
(自分から退職すると言ったから退職届を出したと言われるということです)

さて会社都合の解雇というのは雇用保険の離職票の手続きについてでしょうか。

本来解雇というのは、使用者が一方的に労働契約の解約を申し出ることですから、退職日を合意の上で退職となると不当解雇と言うよりは、退職勧奨に対して合意をしたことになるでしょう。

退職勧奨に対する合意退職の場合であっても離職票については、会社都合となります。

質問者: 返答済み 5 年 前.


回答ありがとうございます。


 


となりますと、こちらから退職日を決めると、不当解雇にはあたらないとのことになるのですね。退職勧奨に合意したとなるのですね。


 


ただ、解雇と言われ、日にちを伝えられないとこちらも困るのですが、何か手立てはないのでしょうか?


 


 


また、ちょっとややこしいのですが、今回解雇した経営者は今年の4月に今の歯科医院を買い取った者なのですが、雇用保険は以前のから引き継いでいます。


今回退職するとして、5年以上勤続しているものには退職金がでる事になってまして(入社後就業規則をもらっています、新しく経営者が変わってからは新しい就業規則はもらっていません)


私も5年勤務しているのですが、


退職金の事を聞くと、知らない、前の先生とはどうなっているの?とのことでした。もし、出るってことだったのなら考慮はするが、期待しないで、との事。


前経営者にも確認しましたら、退職金も含めて新しい経営者に移行しているよ、との回答でした。


きちんとした金額を受け取りたいです。どう訴えればいいのか、よく分かりません。


 


また、12月がボーナス時期です、きちんと12月まで働いたとしてもボーナスは出さないといわれましたが、ボーナスはあきらめるしか、仕方無いことでしょうか?


 


 


 

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
まず退職金の件ですが、経営者が変わったからといってこれまでの就業規則が無効になる訳ではありません。そのため従来の就業規則通りの退職金を請求することができます。

次にボーナスについては就業規則にどの ように記載があるかによって決まります。就業規則に支給するとの記載があるのに支給されないようであれば賃金の未払いとなるでしょう。

最後に退職日に関してですが、退職日を決めてくれないようであれば行政に相談するしかないということで圧力を掛けられたらいかがでしょうか。

ボーナスの件も含めて不当解雇で相談するつもりだということを伝えられたよろしいかと思います。これらの問題については労働基準監督署にある総合労働相談コーナーが窓口となりますので実際に相談されてもよろしいかと思います。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問