JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

突然の質問、失礼します。 私、専門学校で教員として働いております。 1日の労働時間は8時間、給料は16万円程度で

解決済みの質問:

突然の質問、失礼します。
私、 専門学校で教員として働いております。
1日の労働時間は8時間、給料は16万円程度です。
そこに、見なし残業手当として2万円つきます。
その他諸手当として6000円(交通費・住宅手当)がつきます。

先月の労働時間は204時間15分です。
1日8時間勤務とした場合、残業時間は41時間30分になります。
出勤簿はなく、すべて業務日報をタイムカード代わりにし、
業務日報が出ていなければ欠勤と見なされます。

このような事例は、労働基準法違反にならないのでしょうか。
乱文、申し訳ありませんがよろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
ちょっと問題があるようです。
原則として労働時間については1日につき8時間、1週については40時間までと定められています。 そのためこれらの時間を超えて労働させるためには、割増賃金の支払いが必要となります。

まずみなし残業手当が2万円とのことですが、実際の残業時間が41時間30分とのことですから本来の残業時間に対する残業代とみなし手当の差額の支払いをしなければなりません。残業代の未払いは労働基準法第37条違反となります。

それから出勤簿についてですが、業務日報をタイムカード代わりとし、業務日報が出ていない日については欠勤とみなすというのは、給料から欠勤日について控除されるということでしょうか。その場合は当然ながら労働基準法第24条に定める賃金の全額払いに違反することになります。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

まず、業務日報の件ですが


給料から欠勤日について控除するとのことです。


給料明細には残業手当の欄はなく、すべて見なし残業手当に


含んでいるとのことです。


 


 


また、休日出勤についてですが


法定休日にも法定外休日があり、月間の休日数は8日程度です。


(年間休日数は105日になります)


先月も法定休日に出勤し、別の日に休みました。


 


以上、よろしくお願いします。

専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
給与から欠勤日について控除するというのであれば、労働基準法で定める賃金の全額払いに違反することになります。給与明細に残業手当の欄もなく、すべてみなし残業手当に含んでいるというのも同様です。

休日については原則として週に1日または4週に4日与えるとされています。そのため休日日数が8日あるというが法律違反かどうかについては、ご質問の範囲で回答させて 頂くことは難しいように思います。

また、法定休日に出勤し別の日に休まれたとのことですが、法定休日の出勤前までに別に休む日を決めているのであれば特に問題ではありません。

但し、法定休日に出勤した後で代わりに休む日を決めているのであればあれば、この場合は休日出勤手当の支払い必要となります。

給料に未払いがあるようであればまずは、きちんと支払うように請求しましょう。それでも支払いをしてくれないようであれば、労働基準監督署に未払い賃金があるとして申告されたらよろしいでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

適切な回答ありがとうございました。


 


法定休日に出勤した日の代休は後日申請するように言われました。


早速計算をし直して本当にいただける給料を計算してみます。

雇用・労働 についての関連する質問