JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

アルバイト採用で会社に採用されました。 職安の求人票には6ヵ月後に10日間の有給が与えられると書いてありました

解決済みの質問:

アルバイト採用で会社に採用されました。

職安の求人票には6ヵ月後に10日間の有給が与えられると書いてありましたが、
先日そのことを会社(総務の人)に尋ねると、総務の人ではなく社長よりアルバイトには有給休暇がないと言われました。

会社の規定には有給休暇の内容にアルバイトは除外するとの明記はありませんが
社長が独自にルールを決めているので、詳細は不明です。

もしそのことを労働基準監督所とかそういうとことに話しをするのは構わないけど、
そういうことをしたらクビにすると言われました。(脅しのような感じでした)

独自のルールのことは総務の人も把握していないし、これ以上深入りすると
目をつけられてクビになりそうな感じです。(社長は法学部出身で労基法に詳しい様です)

会社を辞めたいと思っていないし、かといって交渉してこれを改善できる状況に
あるとはとても思えません。また、外でこうした相談をしている事そのものが
会社に伝わると恐らくこちらの状況はかなり不利になると考えています。

良い解決方法が見つからずどうしたらよいか大変困っています。

もし上記で不明な点があれば再度質問しても構わないですか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

有給休暇に関しては労働基準法第39条に明確な定めがあります。

会社や社長が独自に決められることではありません。

また、アルバイトなどの所定労働日数や所定労働時間が短い者については、その日数や時間に応じた年休を付与する義務があります。

これを「比例付与」といいます。

比例付与の対象となる者は次のいずれにも該当する者です。

ア、週所定労働日数が4日以下又は年間所定労働日数が216日以下

イ、週所定労働時間数が30時間未満

アルバイトには有給休暇がないというのはデタラメです。

具体的な日数はこちらのURLからご確認ください。

http://osaka-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/roudoukijun_keiyaku/hourei_seido/kyuka/rokiho39.html

>労働基準監督所とかそういうとことに話しをするのは構わないけど・・・

このような発言はパワハラであり、また社長自身もこのような扱いが違法であることを自覚しているということです。

労働基準監督署に「申告」すれば会社に指導・是正勧告が行われます。

労働基準監督官は司法警察職員としての権限も持っていますので、会社が是正勧告に従わず、その意思も見られない場合は地方検察庁に送検することもできます。

とは言っても、貴方も労基署に申告することによって、有給休暇の取り扱いは改善されても、今後の社長の貴方に対する態度や対応が酷くなるのではないかとご心配であると思います。

そのようなことを懸念されるのであれば、申告を匿名で行ったり、労基署が会社に調査に入る際に定期監督という名目で調査に入ってもらうようお願いすることも可能です。

誰かが労基署に申告したことによって会社に調査に入るのを申告監督というのに対し、行政の年度計画に従って、労基署が任意に調査対象を選択し、法令全般に渡って調査をすることを定期監督といいます。

たまたま貴方の会社が選ばれて調査に入っているということにしてもらうということです。

その他、下記URLからメールで情報を送ることもできます。

https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/roudoukijun_getmail.html

但し、これは申告とは異なるので、実際に労基署が行動を起こしてくれるかは分かりませんが。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問