JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

事務部長および他の職員からパワハラだと言われ会社の弁護士と先週接見し事実確認しました。 しかし、内容はほぼ言いがか

質問者の質問

事務部長および他の職員からパワハラだと言われ会社の弁護士と先週接見し事実確認しました。
しかし、内容はほぼ言いがかりにちかく事実とは違い、みんなが言う愚痴をかき集めあたかもパワハラだと言っています。
それは私のことを気に入らない上司が仕組んだ罠だという事がのちに判明 しました。
パワハラだと言った内容が会社を辞めた人から事前に辞めさせるためのカードとして情報を集めあたかも現在の職員が言ったかのように仕向けていることがわかったからです。
辞めた方はパワハラだと言ってないし、そのように活用されたことにすごく憤慨していると言ってます。
私は会社に忠義をつくしここまでやってきたのに残念でたまりません。
さらにこのことがきっかけで精神的に病みこのサイトの医師に相談したら休職した方が良いと言われました。
現状会社に行くと吐き気、頭痛、震え、恐怖心が襲いかかり仕事になりません。
このことを私の上司に相談したところしばらく休職した方がよいと言われ来週から無期限に休む予定でいます。
私の名誉のためにもパワハラと言ったことを取り下げ謝罪してほしいと思ってます。
特に事務部長について怒りを覚えます。この人だけは許せない。
なぜならこのような目にあった方々が今までにも居るからです。
色々と申したいところではありますが、休職するための方法や精神的に病んだので場合によっては法的手段をとっても良いと考えてます。
よいアドバイスがあればお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

お身体は大丈夫でしょうか?お大事にしていただけたらと思います。

「休職するための方法や精神的に病んだので場合によっては法的手段をとっても良いと考えてます。よいアドバイスがあればお願いします。」

とのご質問がありましたので、回答をさせていただけたらと存じます。

 

【休職するための方法】

まずはかかりつけの主治医の先生に、「労務不能かどうか」をご相談いただけたらと思います。そのうえで、会社の就業規則を確認していただき、「休職」の規定がどのようになっているかを確かめる必要があります。この2点が最優先です。

主治医の判断が「労務不能」であれば、次にご相談者様の精神疾患が「業務によって発症したのか」「業務とは関係なく発症したのか」を主治医に聴いてください。

「業務上」であるならば、労災適用の可能性があります。労災を申請して認定されれば治療費は労災から全額支払われますし、休業している期間、「休業補償給付」といって給料の60%が支給されます。

「業務上でない発症」であるならば、健康保険の「傷病手当金」の支給を受けられる可能性があります。ご相談者様のお持ちの健康保険証は健康保険組合や全国健康保険協会のものでしょうか?そうであれば支給になる可能性が高いです。(国民健康保険はほとんどの市町村で、傷病手当金の制度がありません)

傷病手当金の支給要件は、

①療養のためであること

②労務に服することができないこと

③継続した3日間の待期を満たしていること

です。休業するのが(1)療養のためであり(2)医師が労務不能と判断し(3)そのため3日間連続で休んでいること、を満たせば、休業4日目から傷病手当金が支給されます(最大1年6ヶ月)。労災ではないので治療費は出ません。受診は健康保険証を使用した通常の負担です。

 

 

【法的手段】

会社に相談したのに、会社が改善の措置を取ってくれなかった、となれば都道府県労働局が受付窓口となっている「あっせん」や、地方裁判所が受付窓口の「労働審判」という手段があります。これらは会社を相手に争うものです。

<東京労働局・あっせん>

http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/3.html

<裁判所・労働審判>

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html

 

事務部長個人を訴えるとなると、名誉毀損や精神的苦痛の慰謝料請求となりますので、雇用労働問題の範疇から外れます。この場合は恐れ入りますが「法律ー刑事告訴・告発」のカテゴリーにご相談を新たにご投稿いただけたらと存じます。

 

回答に不明な点などがございましたら、何なりとご返信下さい。何卒よろしくお願い申し上げます。

雇用・労働 についての関連する質問