JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

雇用保険について質問です。 2月より契約社員で働き始め、6月に社員になるという話の矢先、事業撤退の話があがり、7月

質問者の質問

雇用保険について質問です。
2月より契約社員で働き始め、6月に社員になるという話の矢先、事業撤退の話があがり、7月末で退職になりました。
契約社員とはいえ、週に5日以上、40時間錠働き、残業代もでていなかった状態です。
若い社長が一人で立ち上げた会社で、社長自体、所得税も知らない位のこちらがびっくりするぐらい無知な社長でした。
雇用契約では、社会保険、雇用保険の加入はなしという契約になており、契約時はそれでも・・・と思い、それにサインしたのですが、雇用保険は必ず加入しないといけないということを、その時は社長も私も知らなったのですが、それを後で知り、また、私の認識では、労働基準法上、雇われる側にとって不利な内容の契約は、たとえ契約書上に記載されていてもその内容は破棄できる、ということで、6月になって会社に話し、2月からにさかのぼっての加入の手続きを、自分でやらせていただき(社長は動いてくれないので)雇用保険に加入し保険者証も発行していただきました。

7月末の退職からしばらく経ちましたが、20日以上たっても一向に離職票が届かないので、社長に問い合わせたところ、『税理士が、社会保険に入っていないので離職票はでないと言っている。』との回答でした。
これが税理士の回答でしょうか?
これには私も腑に落ちず、保険者証もあり、加入もしているのに、社会保険に入っていないから離職票が出ずに失業給付の手続きができないのはおかしい。と思い、職安に問い合わせ をしたところ、離職票は出さないといけない。との事で、申請請求書を作り、会社側へのアプローチの手続きをしたのと、失業給付の手続きも仮手続きをしていただき、給付を受けられる手配ができました。(ちなみに会社都合です)
その旨を社長に報告し、再度、離職票をお願いしたところ、次のような返答でした。
『離職票はお出ししたいと思います。雇用に関する書類関係は税理士さんに一任しており、今日、再度確認したところ、“契約社員なので出す必要はないし、雇用契約書にも明記がないなら、尚更”との回答でした。
それと、すでに退職した社員の雇用保険を遡って加入扱いしに、6か月だけ勤務したことにできるのかどうか不明です。』

この税理士のいってることは正しいのでしょうか?私にはただの無知にしか思えません。
私の考えは、契約社員でも雇用保険の加入義務があるし、離職票も求められれば出さなければいけない。そもそも離職票の有無なんて雇用契約で結ぶものではないのでは?聞いたことありません。明記がなく出すようにされてないというのなら、逆にこちらは出さないとも一言も言われてません。
すでに退職した~といいますが、雇用保険にさかのぼって加入したのは6月で、在職中です。加入扱いにするではなく、もう加入しています。それに加入していないのは会社側の不手際。6か月だけ勤務したことにできるかではなく、現に勤務しているので、言ってる意味がわかりません。

税理士、社長の方が正しいのでしょうか?私の意見は間違ってますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
あなたが言われていることが正しいです。社長はともかく、税理士は雇用保険と社会保険の違いも知らないのか、手続きが面倒なので、どぼけているかのどちらかでしょう。

社会保険は広い意味では、労働保険(労災保険、雇用保険)、健康保険、厚生年金保険を指す場合や、健康保険、厚生年金だけを社会保険 と読んでいる場合と両方あります。税理士が言っている社会保険に入っていないので離職票はでないというのは、どちらのことを指しているのか分かりませんがそれぞれが別のものであり、加入条件を満たしていれば手続きが必要となるものです。

さて、それでは雇用保険の加入条件についてですが、次の条件に該当するのであれば、会社の規模や雇用契約(正社員やアルバイトなどの労働条件)を問わず雇用保険に加入しなければなりません。
1.1週間の所定労働時間が20時間以上
2.31日以上の雇用見込みがあること

雇用・労働 についての関連する質問