JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

労働時間についてお聞きしたいのですが、今務めている会社は有給休暇が無く土休も日が決まっていません。 社長は休みたい

解決済みの質問:

労働時間についてお聞きしたいのですが、今務めている会社は有給休暇が無く土休も日が決まっていません。
社長は休みたい時に休めばいいと言いますが、なかなか休めません。(土休は月に一回程度)
又、タイムカードも無いのですが、月末に提出する就業表には8:30~18:30と書く様になっています。
(休憩は昼の1時間,残業しても手当はありません)
これは労働基準からすればどうなのでしょうか?
教えて頂けませんか。宜しくお願い致します。
わかりにくい文章で申し訳有りません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
労働基準法から見るとちょっと問題があるようです。整理して回答させて頂きますが問題点が多いようですので、疑問点がありましたら返信して下さい。

1.労働時間に ついて
労働時間については原則として休憩時間を除いて1日8時間、1週40時間を超えてはならないとされています。(労働基準法第32条)

2.休日について
休日は原則として、週1回以上与えなければならない。(労働基準法第35条)もし日曜日に休日を定めているのであれば、土曜日が休日でなくても問題とはなりません。

3.労働時間について
労働時間の管理については、原則として実労働時間で算定しなければなりません。そのため特にタイムカードと限定はしていませんが、始業および終業の時間について管理する必要があります。

4.有給休暇について
有給休暇については、雇入れの日から起算して6ヶ月間継続して勤務し、全労働日の8割以上出勤した場合、10日間の有給を取得する権利が発生します。
また、この有給休暇日数は、その後1年ごとに、最初の2年については、1労働日ずつ増加し、その後は2労働日ずつ加算されていき最高20労働日まで増加します。(労働基準法第39条)

5.時間外労働について
法定労働時間は1日8時間なため、それを超えて労働させる場合については、時間外労働に対する割増賃金の支払いが必要となります。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.


1週40時間なら、1日8時間労働とすれば労働日は週5日ではないのですか?

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
法定労働時間でいくと1日8時間労働だと週5日で1週40時間となります。そのため40時間を超えた部分については(例えば土曜日の労働時間)すべて時間外労働として割増賃金の対象となります。この部分の支払いが無いようであれば賃金の未払いがあることになります。(労働基準法第37条)

雇用・労働 についての関連する質問