JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

こんにちは。 こちら外資系銀行です。 この度、東京支店が閉鎖される事になりました。 閉鎖は来年の夏頃ですが

解決済みの質問:

こんにちは。

こちら外資系銀行です。
この度、東京支店が閉鎖される事になりました。
閉鎖は来年の夏頃ですが、退職金に加えられる早期退職手当が提示されました。
その相場とかございましたら、教えて下さい。

ちなみに、私は来年の支店閉鎖時に勤続38年になり、同年10月には60歳になります。
現在、一年分の手当が提示されています。妥当な線でしょうか?

会社側は、6年以下は半年分、12年以下は9ヶ月分、12年以上は一律一年分です。
全スタッフ数54人の 内、
6年以下のグループはほとんどが平均勤続2年です。
真中があまりいなく、12年以上は10人程度で。

業務を移行する先の国内銀行への転職の機会も与えられていて、
皆、面接に行っています。
が、転職先の銀行の給料は現在の7割位になるそうです。
しかし もし、雇用が決まったら早期退職手当はゼロだそうです。
そんなもんなのでしょうか?


たぶん、私は、一旦60前に退職して、早期退職手当受領後、またコントラクト社員として
最後まで残り精算するメンバーになるとは思っていますが・・・
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

外資系銀行東京支店の閉鎖→国内銀行への業務譲渡 という事ですね。

お勤めの外資系銀行は国内に他支店や部門はございますか?ご相談者様を合理的(通勤時間等に無理がないなど)に転勤させる部門がなく支店閉鎖という状況で、早期退職手当が提示されるのは相当好意的な銀行です。早期退職に対して早期退職手当(退職金の上乗せ)というのは企業の任意です。

事業所閉鎖で合理的な配転先もない状況でしたら、通常は整理解雇もあり得ますのでその中で、1年分の上乗せがあるのは「妥当」以上の水準と言っていいと思います。

「雇用が決まったら早期退職手当はゼロだそうです。そんなもんなのでしょうか?」とのご相談ですが、前述のように相当好意的な提示ですので、転職の機会を設けているのであれば、このような取扱いも妥当と考えられます。

社会保険での注意点ですが、ご相談者様のようにまだリタイアせずにお仕事を続けられる方であれば特に注意すべき点はないのですが、若干でもブランク期間が生じるようであれば、健康保険にはお気をつけ下さい。退職と同時に健康保険が切れますので、会社の任意継続被保険者になるか国民健康保険に加入するようにして下さい。健康保険の空白期間にケガや病気などされると全額自費治療になってしまいますので、注意が必要です。

そして雇用保険の基本手当(いわゆる失業保険)の支給を受けられる状況でありましたら、自己都合退職のように支給開始まで3ヶ月の制限期間が設けられることなく支給が受けられる「特定受給資格者」に該当しますので、離職票が会社から発行されましたら、離職理由が「事業所の廃止に伴い離職」となっているかをご確認ください。

社会保険や雇用保険で留意するべき点としては、これくらいかと存じます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

回答をご覧いただきまして、ありがとうございます。

専門家として全てのご質問に回答させていただきましたが、回答に説明不足やご不明な点がございましたでしょうか?ございましたら何なりとご返信いただけたらと存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 4 年 前.


ご回答ありがとうございました。


 


年金についてですが、もし一旦退職して継続で働く場合は、どうなりますか?


それと、雇用保険もどうなりますか?


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

年金については、「退職即入社」という実質的に勤続しているのであれば、厚生年金がそのまま続きます。少しでも感覚が空くようであれば、国民年金に加入する必要があります。

雇用保険はたとえ「退職即入社」の形であっても退職した時点で勤続年数はリセットされます。

国民年金の加入以外は、会社が行う事務になります。

雇用・労働 についての関連する質問