JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

雇用契約の破棄についてのご質問です。現在A社で契約社員で働いています。色々とあって知り合いのB社を経由してC社を紹介

解決済みの質問:

雇用契約の破棄についてのご質問です。現在A社で契約社員で働いています。色々とあって知り合いのB社を経由してC社を紹介してもらい、9月から雇用採用を頂き口頭で了解を伝えたのですが、A社との契約期間を私が勘違いしていて9月末まであることがわかったので、知り合いのB社に雇用採用の破棄を連絡したのですが、「自己過失なので破棄はできない。10月から採用できるように調整する」と言われましたので、心情的に色々とあったのでそれは困ると言ったのですが、なかなか承諾してもらえません。さらに 破棄するのであれば、9月がダメになった経緯と10月破棄する内容をメールで欲しいと言われています。また、社会人としてC社に謝りに来てほしいとも言われています。
そこで、質問ですが、知り合いのB社との雇用契約書には、サインはしていないのですが、破棄した場合、損害賠償金などが発生すのでしょうか?さらに、メールによる経緯説明、C社に行って謝罪は必要なのでしょうか?
申し訳ありませんが、ご回答をお願い致します。
ちなみに、知り合いのB社とC社の関係は、C社がユーザー(親)でB社が契約会社(子)となっています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

まずお聞きしておきたいのですが、C社を紹介してもらって採用になったが、ご相談者様はC社では働きたくない、というご意向ということでよろしいのでしょうか?

恐れ入りますが、ご返信いただけたら幸いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早々にご連絡いただきありがとうございます。


B社に破棄を連絡してから色々とありC社では働く気持はありません。


また、10月からの調整で、B社は、初め9月の件がダメになるならこの話しは無くなると言っていたのですが、数日たってから、10月調整する方向でC社と話すと言われ、行くことの回答はしていませんでしたが、本日、C社と調整中だからよろしくお願いするとの連絡があったので、行くことが無理と伝えたら、今さらそんなことを言われても困ると一方的に言われ、先ほどの内容で、謝罪文的なメールをよこせと言われました。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

詳細をお教えいただきまして、重ねて御礼申し上げます。

ご質問に回答させていただきたいと思います。

①「知り合いのB社との雇用契約書には、サインはしていないのですが、破棄した場合、損害賠償金などが発生すのでしょうか?」

 

雇用契約書を取り交わしていないという事はいわゆる内定であり、内定を辞退する事で損害賠償を請求される事はありません。それでは大学生は何社からも損害賠償を請求されることになってしまいます。しかもC社の内定を辞退するのですから、B社に経緯説明をする必要もありません。

 

 

②「メールによる経緯説明、C社に行って謝罪は必要なのでしょうか?」

 

C社に対しては「一身上の都合により」という理由で正式に辞退を告げればよろしいかと存じます。C社に行っての謝罪ですが、社会人としては「一身上の都合で入社できません。面接等お時間をいただいたのに申し訳ございません」程度のあいさつはされるべきかな、とは思います。あくまでも今回の採用問題はご相談者様とC社の問題です。

ご相談者様にお気持ちがあればB社に「ご意向に沿えずにすみませんでしたね」位のあいさつはしてもよろしいかもしれません。

 

いずれにしても損害賠償を請求されるいわれはありません。職業選択の自由が憲法で保障されているのですから、たとえ就活で面接や入社試験を受けに行って内定が出たからと言って、必ずその会社に就職しなければいけない、というような理論は成立しません。ご安心いただけたらと思います。

ましてやそもそも「9月がだめなようならこの話は無くなる」とB社が言っていたのですから、あとから勝手に覆すこと自体がおかしいです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

色々とありがとうございます。そこで確認したいのですが、C社に対して損害賠償金が発生しないことはわかりましたが、知り合いのB社にも同じことは言えるのでしょうか?と言うのは、そもそもB社に仕事探してもらって、C社を紹介してもらっています。流れは、私→B社→C社でB社はC社の仕事をしています。


ちなみに、B社から謝罪的なメール(経緯)を強要されているのですが、どのような扱いにしたらよいかご教授願います。


尚、諾成契約

質問者: 返答済み 4 年 前.

すみません、途中で返信しました。


諾成契約は今回の内容に該当するのでしょうか?また、法的効力はあるのでしょうか?たび重なる質問で申し訳ありません

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

>知り合いのB社にも同じことは言えるのでしょうか?

 

B社の紹介だから、C社に入社しなければいけないのであれば憲法に保障する職業選択の自由はありません。ましてやそもそも「9月がだめなようならこの話は無くなる」とB社が言っていたのですから、あとから勝手に覆すこと自体がおかしいです。

 

 

>ちなみに、B社から謝罪的なメール(経緯)を強要されているのですが、どのような扱いにしたらよいかご教授願います。

 

ご相談者様にお気持ちがあればB社に「ご意向に沿えずにすみませんでしたね」位のあいさつはしてもよろしいかもしれません。

 

 

>諾成契約は今回の内容に該当するのでしょうか?また、法的効力はあるのでしょうか?

 

労働契約の締結には、必ず使用者からの労働条件の明示がなければなりません。それは以下の点を書面で明示する事、とされております(労働基準法15条)

・労働契約の期間

・就業の場所及び従事すべき業務

・始業及び終業の時刻、残業の有無、休憩、休日、休暇

・賃金の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期並びに昇進に関する事項

・退職に関する事項

 

労働契約は諾成契約にもなりますが、根本である上記労働条件をきちんと明示されておりますでしょうか?そしてご相談者様は労働条件の明示を受けて、「入社する」という意思表示をしたのでしょうか?

そうでなければ無効です。でなければ就活面接等で「うちの会社に入社してくれるのですか?」と聞かれて「はい、入社させていただきます」と応答した大学生は何社からも損害賠償を請求されることになってしまいます。このような不合理が認められることはありません。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。
書面ではないのですが、口頭で場所、賃金決定、業及び終業の時刻、残業の有無などは聞いております。その他の細かいところは伺っておりません。


これでも、損害賠償を請求条件は満たされることになるのでしょうか?


ちなにみ、「了解致しました」と口頭で伝えています。


 


何度も申し訳ありません。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

先に回答させていただきました通り、

労働契約の締結には、必ず使用者からの労働条件の明示がなければなりません。それは以下の点を書面で明示する事、とされております(労働基準法15条)。

そして労働条件を明示したから内定者に損害賠償ができるわけではありません。先に既に回答させていただきました通り、

B社の紹介だから、C社に入社しなければいけないのであれば憲法に保障する職業選択の自由はありません。ましてやそもそも「9月がだめなようならこの話は無くなる」とB社が言っていたのですから、あとから勝手に覆すこと自体がおかしいです。B社が既にこの発言をした時点で、この話は無くなっているのでしょうから。

損害賠償を請求するのは自由です。それは誰にも止められません。要は、その請求が妥当か否か、ということです。これは司法の場で裁判官に判断してもらうしか白黒つける方法はありません。

そしてご相談者様がC社に入社しないことが、賠償請求の理由としては明らかに合理的理由がない、わけですから今までの回答をさせていただきました。

繰り返しになりますが、損害賠償請求をするのは自由ですので、B社が損害賠償をしてくるかどうかはB社でなければわかりません。損害賠償が来ても応じず、弁護士を立てて裁判で決着をつけるという事になります。

仮に損害賠償の請求の通知が来ても支払いに応じなければいいのです。繰り返しますが、損害賠償請求の内容が妥当か否かの判断は司法でしかできません。印象としては、損害賠償などしてこないと思われるケースです。損害賠償請求の合理的理由がないからです。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問