JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

早期退職の募集に応募しましたが退職金が自己都合扱いの金額です。 確かに最後は従業員の意思によるものですが、 9回

質問者の質問

早期退職の募集に応募しましたが退職金が自己都合扱いの金額です。
確かに最後は従業員の意思によるものですが、
9回に及ぶ面談で先行き不安になる話ばかりをされ
精神的にも追い込まれた末での決断でした。
また、早期退職の募集をしながらも派遣社 員や請負は
後の変動対応の為のバッファーとして残されます。
また新入社員も入っていますし、10月以降はパートの採用も計画されています。
更には部長クラス以上の応募者に対しては慰留行動も有るようです。
あらゆる事が、理不尽に思えてなりませんが、この施策は合法に
なるのでしようか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

あらかじめ確認させていただきたいのですが、ご相談内容の趣旨は退職金に関するものでしょうか?

それとも早期退職制度そのものに関することでしょうか?

早期退職制度に関することであれば直接規制する法律はありませんので過去の判例や話し合いによる解決法を回答することになりますがよろしいでしょうか?

ご返信いただければ回答させていただきます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

お世話になります。

根本的な不満は「退職金」に関することです。

以下の記載は、「自己都合」と言う事に対する妥当性に疑念を持ってしまう要因です。

会社としては解雇にせよ早期退職の募集にせよ、それらを回避する努力義務があるはずです。その義務を十分に果たしていないのでは?との思いです。

勿論こちらから応募した退職ですが、こんな制度が無い事が一番です。


大事な事を忘れました。

退職金以外に特別支援金33ヶ月分が支払われます。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

それでは回答させていただきます。

 

退職金に関しては労働基準法に明確な定めはありませんので、それぞれの会社の定めによります。

一般的には自己都合退職と会社都合退職で退職金支給率を2通りに定めているところが多いようですが、貴方の場合は退職金以外に特別支援金33ヶ月分が支払われるということですので、退職金はあくまで自己都合による支給率としているのでしょう。

早期退職制度は、定年前の一定期間に退職する社員に対し、退職金の支給率の割増、加算等の優遇を行うもので、企業経営がそれほど悪化していない段階で人事ローテーションの円滑化・活性化等のために設けられる制度です。

貴方は整理解雇の4要件である、①人員削減の必要性、②解雇回避努力、③被解雇者選定の合理性、④手続きの妥当性、の義務を会社が果たしていないと仰っているのだと思いますが、早期退職制度は整理解雇の前段階であり、②解雇回避努力義務の一環として行われていると考えられます。

過去の判例において早期退職制度において、その対象者、いかなる条件を、どの時点で提示するかなどについても原則として使用者の広範な裁量に委ねられていると解されています。

 

但し、早期退職制度を社内の制度として実施するためには①対象労働者の範囲、割増退職金の決定、計算、支払方法、支払時期、および不支給、減額事由についても明確に規程されなければならず、②これらの条件が労働者に周知されていることが必要であり、③またその内容は合理的なものでなければなりません。

このような点から貴方が今回の早期退職制度に納得できないのであれば、退職金が自己都合扱いであることに異議を申し立てていくことになるのですが、会社もすんなり応じるとは思えません。

そのような場合は労働局、または労働基準監督署内にある総合労働相談コーナーで相談ができます。

相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。

その他、国が話し合いの場を作ってくれるあっせん制度の利用も可能です。

あっせん制度とは国が指名したあっせん委員が仲介役となって、労使の間に入り和解による解決を目指すもので無料で利用できます。

双方の主張を聴きますが、事実の認定は行わず、あっせん案の提示が行われます。

簡単に言えば、国が話し合いの場を作ってくれる制度です。

ほとんどのケースが、概ね1ヵ月程度で解決します。

ご参考までに貴方のお住まいの労働局あっせん制度のURLを記載させていただきますので、より詳細な内容はこちらからご確認いただければと思います。

http://kanagawa-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/hourei_seido/kofun_yougo.html

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

回答を全てご覧いただき、ありがとうございました。
まだ評価をしていただいていないようですが、ご不明な点、説明不足だと思われる点などありましたら、評価をする前にご返信にてご指摘ください。

また、追加のご質問をされる場合は回答をプラス評価していただいた後に、ご返信いただくか、もしくは新たな金額を提示し新規投稿していただく必要があります。

(最初の回答の補足をご希望であればそのままご返信いただければ大丈夫です)

サイト規約となっておりますので、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

※規約に反するご利用があった場合は、不正利用としてサイト運営側に報告せざるを得ませんのご了承ください。

雇用・労働 についての関連する質問