JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

お忙しいところ、申し訳ございません。雇用関連についてご質問させて頂きます。 先日6/29に、会社都合による退職をし

質問者の質問

お忙しいところ、申し訳ございません。雇用関連についてご質問させて頂きます。
先日6/29に、会社都合による退職をして欲しいとの旨を受けました。退職日は7/31との事でしたが、引き継ぎ
及有給消化等で8/20になりました。
退職のお話を受けた時に、何の条件等の話もなかったので直接社長とお話をさせて頂き下記のお話をしました。
①急な退職の話なので、年齢的にも次の仕事も未定であり生活もあるので、それなりの保証をお願いを致しました。
社長から、その時にはそれなりの考慮はするとのご返事を頂き、関連部署(総務・人事)へ話をするとの事でしたが、会社側から何のお話・連絡がありませんでしたので、担当部署へ連絡を致しました。社長との話の主旨も
お話もいたしましたところ、会社からは会社規定の退職金のみの提示でした。
社長との話し合いは、口約でしたが致し方ないのでしょうか。
私としては、社長及関連部署には会社の事情とも理解し退職を受ける事にしましたが、会社側からの
返事に納得できず、先の事も未定ですので不安があります。
アドバイスを頂ければと思い、ご連絡させて頂きました。宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
ご質問ありがとうございます。確認させて頂きたいことがありますのでよろしくお願いします。

1.社長との話し合いのなかでそれなりの保証をお願いしたとありますが、具体的にどのような条件提示があったのでしょうか。
2.会社都合とありますが理由は何でしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

お問い合わせに関して、お答えさせて頂きます。


①については、私から「急な通告であり、次の仕事も未定で直ぐには難しい」


「退職をしたあとの、生活への不安」の旨を伝えさせて頂きました。その時点で


社長からは具体的な条件提示は無く、人事・総務担当者に伝えるとの事でした。その後担当部署より連絡がありましたが、具体的条件の提示がございませんでした。社長とのやり取りを、社長及び担当者へお伝えしました。


私は、会社規定の退職金及何らかの条件提示があると思っておりましたが


会社規定の退職金のみの提示でした。


②ついては、現在の会社で新しいライセンス商品を展開するとの事で同時期に入られた方(専務)から声を掛けて頂き、立ち上げスタッフとして入社しました(このライセンス商品は専務等が推進しました)昨年にそのライセンス商品の契約が解除され、その時点で入社に際して声を掛けて頂いた方(専務等)及声を掛けて入社したスタッフが次々と退社を迫られまいした。


その時点で、関係スタッフは会社に残るか退職するかの旨を問われました。


今回の退職理由を尋ねたところ「給与が普通の社員よりも高く、これから払えない」との事でした。


 

専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございました。
社長と話をされた際に具体的な条件提示を引出しておくべきでしたね。
社長より人事・総務担当者に伝えると言われたことを引き合いに出しても規定の退職金のみでそれ以上の配慮がなかったというのであれば、このままでは泣き寝入りとなるでしょう。

その為、会社に対して不当解雇として訴えるかどうかを考慮されるべきだと思います。
今回のケースであれば会社は、整理解雇として少なくとも次の4つの要件を満たす必要があります。

1.人員削減の必要性が存在すること
2.解雇 を回避するための努力が尽くされていること
3.解雇される者の選定基準及び選定が合理的であること
4.事前に、説明や協議義務を尽くしたこと

これらの要件を満たしていなければ解雇権の濫用として無効を訴えることができます。
このまま納得がいかないということであれば弁護士に依頼をした上で不当解雇として解決金で手を打つようにされるべきでしょう。

弁護士については東京弁護士会や法テラス等で紹介してもらうことができます。

東京弁護士会:http://www.toben.or.jp/
法テラス:http://www.houterasu.or.jp/

雇用・労働 についての関連する質問