JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

お世話になります。四月初旬に懲戒処分を受け、10日間の出勤停止を受けました。処分はそれだけではなく、その後三ヶ月の勤

質問者の質問

お世話になります。四月初旬に懲戒処分を受け、10日間の出勤停止を受けました。処分はそれだけではなく、その後三ヶ月の勤務変更(職種は同じです)を命ぜられ現在に至ります。この期間の給料が以前の半分にも満たないの ですが、合法なのでしょうか?職種はドライバーで固定給+業績給となっていますが、現在は固定の仕事で売上が立たない業務内容となっています。また先月中に体調不良で一日欠勤したのですが、処分中と言うことで有給休暇を使わせてもらえませんでしたがこれも納得いかないのですが…

会社にはいかなる処分も受けますという一筆も提出させられています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご相談ありがとうございます。社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

まず、使用者が労働者に懲戒処分を行うには、その懲戒の事由と手段を就業規則に明記して労働契約の内容とすることによってのみ可能とされています。

懲戒処分は二重処分の禁止といって、一度懲戒処分をし、後に同じ事由で他の処分をしてはならないことになっています。

よって、三カ月の勤務変更が出勤停止と同じ事由での懲戒処分であれば認められません。

さらに懲戒処分は相当性の原則といって、就業規則にその事由などが定められていたとしても、規律違反の種類・程度その他の事情に照らして相当なものでなければならないとされており、 それに反しているものは懲戒権の濫用となります。

>会社にはいかなる処分も受けますという一筆も提出させられています。

このような書類は無効を主張できます。

また、有給休暇の取得は労働基準法第39条に明確に定められている労働者の当然の権利であり、処分中というような理由で会社はこれを拒否することは出来ません。

このようなことを引き合いに出し、貴方が会社に異議を申し出ても聞き入れてくれないのであれば行政の力を借りるしかないでしょう。

そのような場合は労働基準監督署内にある、総合労働相談コーナーで相談ができます。

相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。

質問者: 返答済み 5 年 前.
ご回答有難う御座います。二重処分では無いとなった場合ですが、給料が半分に下がる様な業務命令が可能なのでしょうか?

懲戒処分が認められないとなった場合、どのような形で取り返す事が出来るでしょうか?
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

勤務変更というのは勤務地の変更ということですか?

これは懲戒処分として行われたのではなく、通常の業務命令として行われたということでしょうか?

また、給料が半分に下がったというのは単純に固定給+業績給の業績給の部分がなくなったとういうことでしょうか?

雇用・労働 についての関連する質問