JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

4月に就職しましたが、今日、7月30日に解雇を言い渡されました。そこで、依願退職を勧められましたが、どうすれば良いで

解決済みの質問:

4月に就職しましたが、今日、7月30日に解雇を言い渡されました。そこで、依願退職を勧められましたが、どうすれば良いでしょうか? 明日までの返答を求められています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

会社からの解雇通告、ご心痛お察し申し上げます。

 

>次の就職活動には依願退職が有利と言われたが本当でしょうか?

確かに懲戒解雇されるよりは、自己都合退職の方が次の就職の際には面倒がないでしょう。解雇されたとなると「なぜ解雇されたの?」となり、解雇=問題児、というイメージがあるため就職に不利と言われております。

 

>依願退職を勧められましたが、どうすれば良いでしょうか?

このご相談に対する回答は、ご相談者様のお考えによって内容が変化します。

こんな会社だったらもう働きたくない、次の就職先を探した方がよほどいい、というお考えでしたら依願退職して早急に就活を始めるのが合理的かと思います。

依願退職(実質的な解雇)に納得がいかないようでしたら、絶対に退職届を提出してはいけません。ご相談者様が解雇される理由がなければそれは不当解雇です。この場合は、明日は出社したら「労働基準監督署にも相談に行く」と会社側には伝えて下さい。そして実際に労働基準監督署へ「不当解雇されそうである」と申告した方がよいケースです。

 

合理的理由のない解雇は、解雇権の濫用として不当解雇とみなされます。ご相談者様のケースも不当解雇でしたら、その解雇を受け入れる必要はありません。

労働基準監督署という公的機関を介入させて、不当解雇に対して対応してもらいましょう。労働基準監督署内に総合労働相談コーナーがありますので、そこへ赴いていただけたらと存じます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問