JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

先日始業後30分くらいした時に貧血状態となり、良手がヒジより下がしびれ異常な状態だったため 診療所へ行き、2時間3

解決済みの質問:

先日始業後30分くらいした時に貧血状態となり、良手がヒジより下がしびれ異常な状態だったため
診療所へ行き、2時間30分ほど横になり(体温が34度まで下がっていた)、安定したので職場に戻りました。
翌日人事課より2時間以上休憩した場合は半日休暇にするように指示がありました。
それは規程にかかれていることではなく、内規だということです。
従業員には公表されておらず、誰も知らないことです。
これは正当なことなのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

「ノーワーク・ノーペイ」の原則により、遅刻、欠勤による賃金の控除は適法とされています。

しかし、これは実際に遅刻・欠勤した時間に相当する賃金が限度となります。

今回のように2時間以上休憩した場合は一律半日休暇にして賃金を控除することは労働基準法第24条の賃金の全額払いの原則に違反します。

内規はもちろん、仮に就業規則に定めてあったとしてもそのような定めは無効です。

(制裁として定めてあれば別ですが今回のようなことでは該当しません)

人事課の方の単なる無知によるものであれば、指摘して今後はこのような取り扱いをしないよう改善を求めればよいのですが、知っていてやっている場合や、改善がみられない場合は所轄の労働基準監督署から指導してもらうしかないでしょう。

一方、有給休暇に関しては事前に請求して取得するものですので、後から遅刻・欠勤した時間分を有給休暇に充当させるかは会社の裁量となります。

質問者: 返答済み 5 年 前.
一方、有給休暇に関しては事前に請求して取得するものですので、後から遅刻・欠勤した時間分を有給休暇に充当させるかは会社の裁量となります。
とは?

後から有給休暇に充当は会社から指示できるということですか?

従業員は従う義務があるのでしょうか?

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

説明不足でしたね。申し訳ありません。

>後から有給休暇に充当は会社から指示できるということですか?

あくまで従業員が希望した場合のみです。

有給休暇は従業員が請求して取得するものですので、会社がその取得を指示することはできません。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問