JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

うちの会社は社員数経営者を含め10人程度の町工場で給料の支給が今時珍しい現金払いなのです。 昼食費代は半額支給されて

解決済みの質問:

うちの会社は社員数経営者を含め10人程度の町工場で給料の支給が今時珍しい現金払いなのです。 昼食費代は半額支給されていますが、給料の内訳に一月分の昼食費代の半分が支給されていて(課税対象です)後日経営者に現金で一月分の昼食費代全額を現金で支払う事になっています。 はじめから昼食費代半額を天引きすればイイだけだと思うのですがなんでこのような面倒な事を行うのか? これって脱税とかなのでしょうか? 労働基準監督署に伝えたら会社側は処罰されるのでしょうか? 宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

何でこのような面倒な事をするのでしょうね?私も不思議に思います。

恐らく何も他意はないと思われます。そもそも振込でなく現金支給をしている位ですから、単に要領の悪い経理をやっているだけです。

昼食代の支給というのは会社に課せられた義務ではなく福利厚生としての措置ですので、従業員にとってはたとえ半額でも支給されることは喜ばしい事です。

会社が従業員の給与から天引きを行うには労使協定を締結する必要があります(労働者の過半数を代表する者と会社との間で、昼食代を天引きしていいよ、という協定です)。

これを締結していないから、このような手続きをとっているものと推察できます。

脱税にもなりませんし、労働基準監督署に伝えても何の処罰もない事案です。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問