JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

理容業です 面接時に労働時間は8時から19時で8時間労働を超えるので残業代込みの給料を支払いますと伝えて、本人も納得

解決済みの質問:

理容業です 面接時に労働時間は8時から19時で8時間労働を超えるので残業代込みの給料を支払いますと伝えて、本人も納得して、見習いとして1年半頑張りましたが、退職してしまいました。その後、時間外手当を代理弁護士を通じて支払い請求がきました。納得がいきません。どうしたら良いのでしょうか?アドバイスお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご相談ありがとうございます。

それでは回答させていただきます。

基本給を残業代込(いわゆる固定残業代)として給料の支払いをすることは過去の判例からも問題ないとされています。

しかし、これが認められるのは会社の就業規則、労働契約書において基本給の内、何時間分の残業代が、いくら含まれているか明確にしておく必要があります。

また、実際の労働時間がこれを超えている場合はその差額分を支払うという定めもしておかなければなりません。

このように金額、時間を就業規則、労働契約書などに明確にしておかなければいくら本人の同意を得ていても固定残業代として認められず、実際の労働時間に対する賃金の支払い義務が生じます。

貴方の納得がいかないお気持ちはお察ししますが、今後労基署への申告、労働審判などになった際にこのような就業規則、労働契約書がなければ貴方にとって不利な状況になると言わざるを得ません。

但し、今回のように弁護士を通じて支払い請求が来る場合は、一般的に本来支払うべき金額よりかなり多く請求してくることが多いようです。

本人が実際の労働時間よりも多く働いているように弁護士に伝えていたり、本人にとって有利なように残業代の計算をしていることが挙げられます。

よって、あなたも専門家(社会保険労務士、弁護士)に相談し、その支払い請求額が本当に正しいものであるか確認し、必要以上に支払うことのないよう対処していかれることをお勧めいたします。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問