JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

休職をする場合以下のような理由が通りますか? 知人で休職をした人は結局辞めざるをえなくなりました。復職は法律で認め

解決済みの質問:

休職をする場合以下のような理由が通りますか?
知人で休職をした人は結局辞めざるをえなくなりました。復職は法律で認められていると思うのですが、病気でもないのに休めるのか、復帰が本当にできるのか不安です。

入社16年目になります。自分の会社が大好きです。だから続けてきました。
昨年所長が交代し4つ下の所長となりました。
彼は前に2度労働基準監督署に訴えられているそうです。
現在私はパワハラにあっています。
侮辱する暴言、勤務外の仕事の電話、話を聞いてくれない、レッテルをはる、一日に何時間も立たされて叱責されるなどです。叱責があるために残業が増え、次第に仕事にミスも増え、そのミスについてまた叱責され・・・と悪循環です。

私にも原因があるな、と思うこともあります。(これが気になって休職や、その相談を会社へ言えません)
しかし、過去の失敗をすでに解決しスタートしているのに何度も何度も何百回もしつこく言ってきたり、叱責の原因が最後には全然違うことになっていたり、お前のことをみんなはこう言っている・思っている、こいつは馬鹿だから質問や仕事を頼まないようになど(もっとあります)言われました。

先週日報に、依頼されている仕事がすぐにできない理由、派遣社員や契約社員から上がっていたもう一人の先輩社員へのクレームを書いたところ先輩をイジメている、いじめの張本人といわれ過去のことも含め5時間以上叱責を受けま した。書いていることは嘘ではないので派遣・契約さんに聞きとってもらって構わないことを伝えそうした結果、派遣社員は昨日辞めました。私は同席させてもらえなかったのですが、いじめの濡れ衣を着せられたことが原因だろうと契約社員さんが言っています。
私も、いじめていない、発言を修正してくださいといってもどうやら後に引けないようです。
文面は、自分が読む限りそういう意味にはとらえられないと思いますが(攻撃的に読み取れるという人もいるそうです)、私の日本語や能力が足りないから誤解を招いたと謝罪。書いた内容にはこのような経緯がもちろんあってのこと、と説明するも、認めてもらえませんでした。金輪際お前とは話さないといわれました。
体調不良で午前休をとり出社した際に、あいさつに行ったらシカト。電話の取り次ぎも返事をしません。本当に話をしないんだと昨晩悩みました。

本日仕事でミスをしてしまい、直接かメールか迷いましたがメールにて報告。
報告がメールなこと、メールのタイミングが遅いことでまた叱責。
話をきいてもらえず、目の前で業者に平謝りをするのを見せつけられました。
こんなに長く書くつもりないのですが、ごくごく一部で。周りの子も、叱責をみているだけで自分たちが落ち込むと言っています。

どうしたらいいのか、どうすべきなのか。
私の勝手な行動で、せっかく売り上げが上がりつつあるのに無茶苦茶にするのもいやです。
反面、私が抜けたところで会社は回るとも思います。
出るのはため息ばかりです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

常識の通用しない上司とのやり取り、ご心痛お察し申し上げます。

会社からどんどん人が辞めていってしまうのではないでしょうか?法律的な回答の前に、転職をお考えになるのも一つの方法です。このような上司の下で仕事を継続すると精神疾患を発症してしまう恐れもあります。お身体や今後の事も考慮して、「転職」という選択肢もお持ちになっていただけたらと存じます。

休職の件ですが、休職という制度は会社が独自に就業規則で定めるものです。「○○の場合には△箇月の休職を認めるものとする」といった感じにです。ですのでお勤めの会社の就業規則で、休職が認められるのはどのようなケースを定めているかを確認する必要があります。

同時に、休職の定めが就業規則にあったとして、休職期間終了後の取り扱いも確認しておく必要があります。そこでは「休職期間満了後も復職が不能な場合は自動的に退職するものとする」といった定めもされているのが一般的です。休職期間内の復職は当然認められております。ただし知人のように辞めざるをえなくなるような嫌がらせを受ける可能性はご相談者様の会社では高いでしょう。

上司に関して「2度、労働基準監督署へ訴えられている」のであれば、3度目をする必要もあるかもしれません。

パワハラや不当解雇は大問題となっており、労働基準監督署も厳しく指導をしている問題です。その上司と話しても解決せず、さらに上の上司に言っても改善が見られないようでしたら、ご相談者様の独力で解決できる域を超えていると言わざるを得ません。第三者である公的機関に介入してもらい、改善に向かってもらうしかありません。

労基署へ2度も訴えられている人が管理職を続けているという事実も、ちょっと閉口します。会社自体の管理が甘いのかな、とも感じます。

まずは労働基準監督署の総合労働相談コーナーに相談なさっていただけたらと存じます。

※ご不明な点や説明不足がございましたら、ご返信をいただけたらと思います。何卒よろしくお願い申し上げます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

回答をご覧いただきまして、ありがとございます。

専門家として回答させていただきましたが、説明不足やご不明な点がございましたでしょうか?ございましたら何なりとご返信いただけたらと存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

雇用・労働 についての関連する質問