JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

派遣秘書1年生です。 前秘書がBOSSに対して不信感を抱き続けられないということで担当を交代してもうすぐ一年になり

質問者の質問

派遣秘書1年生です。
前秘書がBOSSに対して不信感を抱き続けられないということで担当を交代してもうすぐ一年になります。私は庶務で秘書未経験者です。会社は人材がいないのでと私に交代の指示を出しました。
既婚者でリウマチの母義がいるので休暇をいただける部署でないと迷惑がかかるのでと断りましたが、それでも良いというお返事で結局断れずに秘書の仕事に就きました。
私がついている方は当協会の理事長の70代後半の方です。
秘書に対してとても厳しく、日々注意を受けておりますが、秘書未経験の為そこまでやらねばならないのかと驚きながら続けてきました。あまりに要求が多いので無理だと上司に訴えたましたが、もうすぐ引退するか らそれまで我慢してくれ、だがその後の契約は保証できないといわれました。そんな中、来月の夏季休暇を申請したところ、休むと他の人に迷惑がかかる、秘書にしか届かないメールが滞るとお怒りになり、NGがでました。実際、自分が休暇をいただいている間に重要なメールが入っていたことはないのですが、会食のアポへの回答が一日遅れてしまったことが一度あり、それから休暇をいただくことが困難になりました。
それで、直属の上司に相談したところ、夏季休暇は全員が取得する権利があるということで対策をたててBOSSにかけあってくださり、しぶしぶ許可をいただきました。
派遣だから休暇をとってよいとは思っておりませんが、お昼休みもほとんどなく、BOSSの機嫌で言うことがころころ変わり、帰りも時間が読めない日々に、自分は秘書に向いていないのではと思っております。社内でのルールが決まっていないのも問題と思います。
以前より私が困っていても見て見ぬふりだったと思います。心配はして下さっても、ではどうするべきかという点では全てがBOSS次第なのでなかなか難しいようです。
そもそも、秘書が休暇を取得するのは問題なのでしょうか?
秘書とは何か?と悩む日々です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご相談ありがとうございます。

念のため、確認させていただきたいのですが、派遣秘書とありますので貴方は派遣会社(派遣元)から勤務されている会社(派遣先)に派遣されている派遣社員ということで間違いないでしょうか?

>だがその後の契約は保証できないといわれました、いうのは貴方の派遣元との1年間などの労働契約を締結しており、その後の契約更新が保証できないということでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

私は、派遣会社(派遣元)から派遣されている会社(派遣先)に勤務している派遣社員で間違いございません。


また、派遣元との契約は基本的に3ケ月ごとの更新です。


今までと状況が違うのは、現在当協会(一般社団法人)が今年中に新組織へと移行する手続きを年間を通して行っている最中であることです。


自分の他にも女性・男性の派遣社員は十数名おりますが、組織拡大の為、ビルの移転及び新理事長・各理事等の人員配置がどこまで決まっているのか定かでありません。


そういう状態なので、派遣社員は(派遣元は数件あります)おそらく新組織へ移行時にどうなるのか分からない状態と思われますが、現時点で各部署の庶務を担当している派遣はそのまま契約更新されるのではと噂がありますがそれも噂でどうなるのか分かりません。自分がついているBOSSを退任させたい意向があるようですが、ご本人は顧問等で残ると主張しているとかで、BOSSが退任するまで頑張ってくれと言われている状況です。


そのため、新組織において自分が秘書として必要になるのかどうかも上司もなんともいえないのではないかと感じております。


 

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

それでは回答させていただきます。

 

派遣社員であるということは派遣元から就業条件明示書を交付され、そこに記載されている業務内容に沿ってお仕事をされていることと思います。

 

さて、休暇に関してですが、休暇は就業規則に必ず記載しなければいけない絶対的必要記載事項に該当します。

まずは就業規則をご確認していただくことが必要となりますが、ここで派遣社員には派遣元、派遣先、どちらの就業規則が適用されるかというと、派遣社員には派遣元の就業規則が適用されます。

よって、まずは派遣元の就業規則に夏季休暇がどのように定めてあるか派遣元にお問い合わせください。

就業規則に夏季休暇が定めてあれば秘書であろうが、貴方は当然に夏季休暇を取得することができます。

ご存じかと思いますが、契約更新するかしないかの判断も派遣元が行います。

 

ちなみに労働者派遣法で定められている秘書とは「取締役又はこれに準ずる者の秘書として文書の作成、受発信管理、資料・情報の整理及び管理、関係部門との連絡調整、スケジュール表の作成、来客の応対等を行う業務」をいいます。(単に来客に対するお茶の接待、会議室の準備、文書の受発信等のみを行う庶務的な補助業務は含まれません。)

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問