JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

年棒契約なのに、途中で給料を下げるのは契約違反ではないのでしょうか

解決済みの質問:

年棒契約なのに、途中で給料を下げるのは契約違反ではないのでしょうか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
契約違反です。

労働契約書上に、支払い条件が規定されているはずですが、これに反することになるでしょう。
また、一方的に条件を変更することはできません。

したがいまして、契約上の支払額を直ちに請求することができます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

労働契約について書面がとくにない場合はどうなりますか?現在勤務先から給料が10パーセント以上カットされる予定です。そしてあなたにできる仕事はなくなるので、退職を考えられてはどうでしょうかと打診されています。年棒計約であることは書面がないと証明できないのでしょうか

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
書面がないとしても、これまでの給与振込額から減るわけですから、給与が減ったことは証明できます。また、同じ立場の人の証言も有効です。

退職を勧めること自体は適法です。
退職を強要するようなことがあったら、それは違法です。
質問者: 返答済み 5 年 前.

過去に何度も給料カットされています。今さらさかのぼって請求することはできないですよね?


契約途中に解雇された場合はどうなりますか

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
過去2年分でしたら可能です(労働基準法第115条)。

解雇された場合には、解雇無効を争うことになります。
解雇事由がなければ、解雇無効になり、争っている間の賃金も請求できます。
ただ、ご質問をうかがっていると会社の経営が傾いているときに見られる兆候があり、
賃金を支払えるだけのお金が残っているのかは難しいところでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

過去に何度も給料カットされています。今さらさかのぼって請求することはできないですよね?


契約途中に解雇された場合はどうなりますか

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
同じ質問が投稿されており、回答済みです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

大変申し訳ありません、誤って新しい質問をする前に送信してしまいました。


人事に確認したところ。作成途中の賃金規則なるものの存在があり、それに基づいて運用しているとのこと。実際にどういうものなのか取り寄せたところ、所どころに修正の文などが入っており、施行日付も入っていません。


それには年棒額決定という項目で


「年棒額については毎年会社の決算後会社の業績および社員各人の勤務成績および能力などを査定して決定する。したがって、会社の業績および査定の結果、降給することもある。また、機関の途中で入社するものまたは入社時に、機関の途中で昇格および降格したものについては、そのつど新たに年棒を定める」という内容があります。これは年棒契約の途中で賃金を下げることを認めているものになってしまいますか

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
会社の賃金規定の効力が発生しているのであれば、ご質問の年俸に関する規定自体は有効です。
賃金規定の効力が認められるためには、作成するだけでは足りず、従業員に周知することが必要とされています。
したがって、作成途中であって、まだ周知されていないのであれば、そもそもその賃金規定の効力は発生しておらず、賃金規定に基づく年俸の減額もできません。

また、仮に賃金規定の効力が認められるとしても、会社側で恣意的に運用することは許されません。
特に、賃金は労働者にとってもっとも重要な条件ともいえるため、規定の適用にあたっては、厳格に判断される傾向にあります。
質問者様の会社についていえば、会社の業績が、本当に賃金を減額せざるを得ない程度に悪化しているのか、また、質問者様の勤務成績が、賃金を10%も減額するに値するほど悪いのか、が判断基準となります。
質問者: 返答済み 5 年 前.
賃金規定が無効と言うことになると、年棒契約であることも無効になってしまうのではないのでしょうか。入社当時、年棒契約であることは口約束のみで書面のやり取りはなかったと思います。
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
>賃金規定が無効と言うことになると、年棒契約であることも無効になってしまうのではないのでしょうか。

そんなことはありません。
賃金を支払うというのは、労働契約が締結されている(書面不要)以上、当然のことです。

本件は、減額についての有効性の問題です。
jo-banをはじめその他2 名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問