JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

私の弟が、12年間、正社員としてまじめに勤めた会社に突然解雇を言い渡されました。何があったかと申しますと、弟はビルメ

解決済みの質問:

私の弟が、12年間、正社員としてまじめに勤めた会社に突然解雇を言い渡されました。何があったかと申しますと、弟はビルメンテナンスの会社に勤めており、ある日、派遣されているイトウヨー カドーで誤ってゲーム機のコンセントを抜いてしまいゲーム機がストップしてしまいました。しかし弟はそれが自分のミスと認識できなかったため、ゲーム機担当のアルバイトの社員に咎められた時、その言い方に頭にきてしまい、相手の胸ぐらを掴んでしまいました。相手は、暴力と訴えて、イトーヨーカドーの保安員に連絡しました。駆けつけた保安員が間に入り、その場で仲裁に入り、弟も自分の失敗を認めたので争いは収まりました。保安員も相手も弟の会社には連絡しないと言ったにも係わらず、駆けつけた弟の上司である現場長が、会社に報告しました。会社からその日の内に暴力を振るった者は解雇だと言い渡されました。これは、不当解雇にあたらないでしょうか。確かに、胸ぐらを掴んだことは、悪いとは思いますが、当事者同士が和解しているのに、なぜ、会社に解雇されなければならないのでしょうか。弟はこれまで、12年間、夜勤も日勤もまじめに勤め上げています。弟があまりにも可哀想です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

弟さんのトラブル、ご心痛お察し申し上げます。

解雇が不当か妥当かは、まずは会社の就業規則の制裁の項目を確認しなければなりません。今回のケースの対して、就業規則で懲戒解雇と定められている(該当する)記載があるかどうかが一番のポイントです。

「刑事事件を起こしたる者」「会社の名誉を著しく傷つけた者」など、定めがあり、弟さんがどの項目に該当するのかを会社に確認することです。

暴力事件となれば相手との示談うんぬんには関係なく制裁の退職にはなり得ますが、おうかがいしたご相談内容から、暴力事件(刑事事件)になるかといえば、それほどでの事件でもないように見受けられます。

推測でしかありませんが、会社としてはお客さん(スーパー)に対して失礼があったわけですから「ご迷惑をおかけしました。あの従業員はクビにしましたので、引き続き当社を何卒よろしくお願いします」というポーズを取りたいのでしょう。「依願退職にしてやる」とまで本社が言っているということは、これ以上直接交渉で解決を図るのは困難だと言わざるを得ません。公的機関の介入や法的手段で解雇の妥当性を問う事になります。

まずは会社の住所地(勤務している営業所)を管轄する労働基準監督署へ「不当解雇をsれそう」である旨の申告を行ってください。労基署内の総合労働相談コーナーが受付窓口となります。

労基署は労働者からの申告を受けて、立ち入り調査や聴取を行います。そして会社に対して必要であれば都道府県労働局長が指導や勧告を行います。それでも従わない場合は、あっせん制度や労働審判の申立てが考えられます。(どちらも弁護士などの専門家を依頼しなくても対応可能な制度です)

どちらも国の制度ですが、あっせんは都道府県労働局(労基署で受け付けてもらえます)に申し立てを行い、あっせん委員(弁護士など)が労使間に入り和解を勧めるものです。和解により解雇が取り下げや和解金の提示がなされます。提示された和解に応じない事もできます。

【東京労働局ホームページのあっせん制度のコーナーです】↓

http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/3.html

労働審判は、地方裁判所に申し立てをして労働審判官と労働審判員が労使双方の主張を聴取し、必要に応じて証拠を収集して原則3回以内の審理で調停や審判をする、という制度です。当事者には出頭義務があり会社も参加を拒否できません。(あっせんは参加拒否ができるのです)

提示された調停や審判を双方が受け入れれば、それは裁判の判決と同等の効力を持ちますので、後々会社が約束を破った場合は強制執行することが出来ます。提示された調停や審判に当事者が異議申し立て(不服)をした場合は、通常の訴訟(裁判)に移行します。

【裁判所ホームページの労働審判のコーナーです】↓

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html

まずは会社の就業規則の内容を確認、そのうえで労働基準監督署に申告。それでも納得できない対応や、改善がなされない場合は、あっせん制度や労働審判の活用を検討されるべきです。

会社が強硬な姿勢で解雇を推し進めようとしている以上、単独での抵抗は無力です。公的機関や法的手段を駆使して会社の非を主張していくことが重要です。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

回答をご覧いただきまして、ありがとうございます。

説明不足やご不明な点がありましたでしょうか?ございましたら何なりとご返信下さい。

何卒よろしくお願い申し上げます。

雇用・労働 についての関連する質問