JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

お世話になります。 一昨日、私が不在時に会社の庶務担当者が突然家にこられ家内に、返納されなかった6月分を支給される7月分から差し引く。その時、年金や健康保険、住民税、個人でかけて

解決済みの質問:

お世話になります。
一昨日、私が不在時に会社の庶務担当者が突然家にこられ家内に、返納されなかった6月分を支給される7月分から差し引く。その時、年金や健康保険、住民税、個人でかけている財形貯蓄など、控除額を差し引くと、マイナスになるので、どうするのか?明日までに返事をして欲しいーと言う内容でした。年金や健康保険、住民税などは、本人が負担しなければならないとは、思うのですが、本人不在で私ども親が、このようにするーーーと返事をして良いものでしょうか? 本人が不在なので、返事が出来ないーーと答えるべきなのでしょうか。?そもそも、何故返納しなければならないか?ーと思うのですが。アドバイスを宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
ご質問ありがとうございます。

結論的に申し上げると、従前通り、「本人不在のため、返事ができない」とお答えすればよろしいでしょう。
以前のご質問でもご回答させていただきましたが、どのように対応するかはご本人が決定すべきものです。たとえご両親であっても、成人しているご本人様に代わって何らかの決定をすることは基本的にできません。
また、ご指摘のように、年金、健康保険料、住民税といったものは本人負担ですので、毎月の給与から当然に差し引かれます。これはご両親がどのように対応するか否かにかかわらず行われます。したがって、ご両親において何らかの対応が必要となるものではありません。

以前の質問でご事情を伺った限りでは、ご本人様の欠勤は、会社側のパワハラが原因であり、そのような場合には、ご本人の事情による欠勤ではありませんので、賃金請求権を失いません。
したがって、返納も必要ありませんし、会社は7月分から控除することもできません。今回、勝手に控除しようとしているようですが、後日、ご本人様が望めば、裁判等でこの処理の効力を争うことが可能です。

最後に、度々ご本人がいない旨説明しているにもかかわらず、暗にご両親に金銭の支払い等を会社が要求することは、不法行為(民法709条)にあたりえます。
このことを会社に一度警告されてみてもよろしいでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.
お世話になります。
遅い時間にも拘らず、迅速なご回答有り難う御座いました。
家内は既に、本人負担分に関しては一旦停止の処理を会社側ヘ伝えてしまった模様です。
8月分以降も同様の問合せが入る模様ですので、この時点でご回答戴いた内容を伝えたのでは問題が有りますでしょうか?

理由の如何に拘らず、欠勤に伴う給与請求はどこまで主張できるものなのでしょうか?
ある意味、強い主張が可能とも思えますが、欠勤している事に対する給与請求にも疑問を感じています。
現時点では、ご回答戴いた内容での対応がベストであれば、明朝訂正の連絡を会社ヘ伝える予定です。
度々申し訳御座いませんが、よろしくお願いします。
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.

8月分についての連絡を受けられてから対応を変えることも可能ではありますが、首尾一貫した対応をされる方が望ましいといえますので、現時点で訂正されてもよろしいかと思います。

また、地方税法上、給与を支払う事業者は、毎月、住民税を徴収する義務があります(法律上は特別徴収といい、地方税法321条の4が根拠となっています)。したがって、本人負担分を一旦停止することは、少なくとも住民税についてはできません。

 

欠勤の日についいての給与を請求できるか否かは、欠勤の理由によります。

実務上、パワハラが原因で欠勤してしまった場合には、会社側の事情による欠勤として、労働者は給与請求権を失わないとされています。

しかし、あまりに欠勤が続く場合には、いずれ、退職の手続きが取られるのが通常です。

 

 

jo-banをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問