JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

夫は国家公務員です。(航空自衛官)国家公務員は、労働基準法が適用されないのですか?あまりにも、ひどい労働条件

解決済みの質問:

夫は国家公務員です。(航空自衛官) 国家公務員は、労働基準法が適用されないのですか? あまりにも、ひどい労働条件で夫の体調が心配です。


年末年始関係なく週6日勤務の2日休み(8日サイクル)ということになっています。日勤、夜勤の繰り返しで、日勤(10


h)、夜勤(16h)勤務となっていますが、実質、超過勤務は当たり前です。


さらには、勤務中休憩時間は10分程度の食事時間、トイレに行くこともモラル的に制限されるようです。


勤務時間以外にも訓練の名のもとに上官が自分の気分で出勤させたり、三日間で3時間しか睡眠をとれないもたびたびあります。


休日は勿論休日ではなく、朝の4時から昼まで仕事です。


 


防衛省では、そういった勤務条件のことを質問する窓口が設置されていませんし、夫もわからないと言っています。


 

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

劣悪な環境下での労働、ご心痛お察し申し上げます。

自衛官となりますと一般職の国家公務員になりますので、労働基準法の適用はありません。(国家公務員法附則16条)

特別職の国家公務員とは国家公務員法第2条に定める内閣総理大臣等です。

勤務条件等に関する要求に関しては、国家公務員法第86条において、人事院や所轄庁の長に対して要求することができる、とされております。

防衛省内部にも窓口が設置されていなければいけないはずです。

 

ここが窓口になろかと思います。↓

http://www.mod.go.jp/j/proceed/koueki_tuho/index.html

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問