JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

こんばんわ。残業代について質問させて下さい。 外回りで、カスタマーエンジニア(サービスマン、平社員)の仕事をしてい

解決済みの質問:

こんばんわ。残業代について質問させて下さい。
外回りで、カスタマーエンジニア(サービスマン、平社員)の仕事をしています。
他サイト等見ていて自社の残業代について疑問点があります。

・定時 8:45~17:15
・休憩 45分
・浜松市内の事務所(自宅から徒歩7分)

定時後は
・17:30~ 時間外
ということになっていますが、
以下のパターンでは、時間外はどうなるのか教えて下さい。

パターン1
17:00:客先作業終了(浜松市内)
18:00:帰社
18:30:終業

パターン2
17:00:客先作業終了
19:00:直帰

パターン3
18:00:客先作業終了
21:00:直帰

現状の自社での残業代の出方は、
パターン1 → 18:00~18:30の30分のみ
パターン2 → なし
パターン3 → 17:30~18:00の30分のみ+時間外3時間以上の移動手当1100円
となっていますが、
パターン1では帰社するまでの時間外の移動時間は残業に含めないのが納得いきません
パターン2では客先作業時間のみしか時間外に含めないのが納得いきません
パターン3では長距離移動しているにも関わらず、3時間以上いかないと少ない移動手当だけでやっているのが納得いきません。

自社は労働組合はありませんが、社員会という労働組合に近い組織があります。
そこで36協定を結んでいるようです。
しかし残業代がまともに出ず。
さらに20時間以上になると、なぜ時間外が増えたのか上長にEXCELファイルを提出しないといけないことになっています。これを出すのが面倒なのでみなさん20時間を超えないようにしている…という状態です。
20時間ということは、残業開始が17:30なので、月平均18:30で退社しないといけない計算ですが、無理です。

長文すみません。
パターン1~3の法にのっとる残業代の出方と、
どうすれば会社に「間違っている」と認識させられるのか
教えて下さい。

よろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

パターン1では時間外は17:30~18:30の60分となります。

帰社後の作業もあり客先から帰社する時間は「使用者の指揮命令下にある」と判断できますので、18:30までが時間外となります。

パターン2及びパターン3では時間外は客先作業の終了により労働から解放された時刻が就業終了時刻になります。(パターン2では時間外なし、パターン3では17:30~18:00の30分が時間外です)

この点については条件があります。

使用者の指揮命令下におかれていない時間は時間外に該当しないため、上記のような回答をさせていただきましたが、そのためには会社が労働基準法38条の2に規定する「事業場外労働に関するみなし労働時間制」の労使協定を結んでいるか否かが問題となります。

この労使協定が締結されていないとなると、上司の監視下に置かれていない状況でどの時間まで労働したかが把握できないので、ご相談者様がお考えになっているような不当な時間外手当不支給と見られる可能性があります。

客先から直帰するまでの時間は原則として「指揮命令下」に該当しませんので(通勤と同じ考えです)、時間外の対象とはなりません。

会社の対応として(1)上記の「みなし労働時間制の労使協定締結」とするか、(2)締結されていなければ一度帰社してタイムカードを押してから帰宅する(3)長距離移動の事を考慮した手当を支給する、という対応が必要でしょう。

まとめますと

「みなし労働時間制の労使協定がある」→パターン2は時間外なし、パターン3は17:30~18:00の30分が時間外、となります。

「みなし労働時間制の労使協定がない」→パターン2、パターン3ともに時間外手当未払いの可能性があります。この点は先述の(2)や(3)の対応がなされないようであれば、労働基準監督署に申告する必要がありそうです。

ポイントは労使協定の有無という事になりますので、労使協定が締結されていなかったら労基署へ相談、となるでしょう。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。


パターン1についてですが、


「ちょっと部品置いてから帰って」


と言われ、直帰とはならなかった5分程度の作業でも移動時間からの残業になるのでしょうか?

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.
ご返信、ありがとうございます。
拘束されている時間ですので、時間外の対象になります。
sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問