JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

代表取締役を賜って社長を務めてきましたがこの度辞任することになりました 会社の借入時に20件程の借入を個人で連帯保

解決済みの質問:

代表取締役を賜って社長を務めてきましたがこの度辞任することになりました
会社の借入時に20件程の借入を個人で連帯保障を行ってきましたが
社長で無 くなった場合に返済の責任が負えなくなり、次の社長又は代表権者に
変わってもらいたいのですがよい方法は有りますでしょうか?

連帯保証のみ残ってはリスクだけ残ってしまう事になります
銀行次第とは思いますが変更がすぐに出来なかった場合には
誰か個人名で債務保証について誰が責任を負う等の契約書等を取り交わしておけばよいのでしょうか?
愛知の㈱中小企業
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。


原則として、銀行は代表取締役が変更した場合、新しい代表取締役は、これまでの借り入れに対する連帯保証人に加えるように求めてきます。ですから、新しい代表取締役は連帯保証 人の責任を負うことになります。もちろん自動的になるわけではなく、銀行の契約書にサインと印鑑を押すことになります。これを拒むと、後々銀行との付き合いに悪影響になりますのでほとんど強制的とも言えます。

では、辞任した代表取締役は連帯保証人から外されるのか?ということですが、これは銀行との話し合いになります。新しい代表取締役が十分な資力を持っていることを証明すれば、辞任した代表取締役の連帯保証を外してくれるかもしれませんが、銀行も債権を回収するためにあらゆる保証を求めてきますので、すんなり応じてくれることはあまりありません。
ただし、借り入れしたときの契約書に、「代表取締役が交代した時には連帯保証人も新しい代表取締役に移行する」旨の条項が含まれていれば、それによって連帯保証人から外れることになります。

なお、「誰か個人名で債務保証について誰が責任を負う等の契約書等を取り交わしておけばよいのでしょうか?」
ということですが、もちろん銀行を加えた上で、「誰が責任を負う」かという契約書をかわしておくなら、責任の所在をはっきりさせることができますが、これには銀行の承諾が必要となります。
質問者様たちだけの間で、「誰が責任を負う」という契約は銀行に主張することはできません。あくまでも銀行は、債務者及び連帯保証人に債務の弁済を求める権利を持っています。誰が返済する(責任を負う)かを、債務者だけの間で決めたとしても銀行の知るところではありません。

仮に、債務者及び連帯債務者の間で契約をして、もし責任を負わない人が弁済した場合、責任を負うと決めた人に対してすることはできます。「肩代わりしたんだからその分は返してね」と主張することはできる、ということになります。
shihoushoshikunをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問