JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 416
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

派遣会社から7月末までの1ヶ月更新の契約でと口頭説明を受けましたが、未だに雇用契約書がもらえないまま派遣先で勤務して

解決済みの質問:

派遣会社から7月末までの1ヶ月更新の契約でと口頭説明を受けましたが、未だに雇用契約書がもらえないまま派遣先で勤務しています。どうしたらよいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 5 年 前.

この度は御相談頂きまして誠に有難うございます。

 

ご存知の通り派遣社員の場合ですと、雇用契約(=労働基準法上の労働契約)につきましては派遣元会社との間で成立することになります。

 

労働基準法第15条では、「使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。」と定められています。

 

加えて、労働基準法施行規則第5条では、これら労働条件のうち、労働契約の期間、就業の場所及び従事すべき業務、始業及び終業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、賃金の決定・計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期、そして退職に関する事項について、「書面の交付」で明示する事が義務付けられています。

 

たとえ1ヶ月の派遣期間であっても、こうした重要な労働条件の明示に関わる書面の交付、すなわち雇用契約書の締結無で派遣先での勤務を行わせるというのは明白な労働基準法違反となります。

 

こうした状態が続きますと、契約内容が明白で無い為、労働条件を巡って何かトラブルがあった際、貴方にとって大きな不利益を招きかねません。

 

従いまして、改めて早急に雇用契約書の締結を派遣元会社に求めましょう。それでも、回答が無い等対応が見られない場合には労働基準監督署にその旨を伝え、調査の上是正勧告を派遣元会社に行ってもらうことをお勧めいたします。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答頂きありがとうございます。


今後の対応としては派遣元会社に直接連絡し、対応がなければ労働基準監督署に連絡するという対応でよろしいでしょうか?


また、疑問なのですが、派遣元会社に連絡した段階で雇用契約書が渡されて、契約を締結すれば、7月から今まで雇用契約書が渡されていない状態で勤務していた期間があっても、派遣元会社の問題はなくなるのでしょうか。

専門家:  jinjiconsul 返答済み 5 年 前.

こちらこそご返事頂き有難うございます。

 

「今後の対応としては派遣元会社に直接連絡し、対応がなければ労働基準監督署に連絡するという対応でよろしいでしょうか?」

‥ その通りで結構です。担当者レベルでうっかり見過ごしている可能性もございますので、まずは派遣元会社に対応を求められるのが妥当でしょう。早急な対応を求めても変わりなければ、会社ぐるみでずさんな労務管理を行なっている可能性が高いですので、その際は行政機関の力を借りるべきです。

 

「派遣元会社に連絡した段階で雇用契約書が渡されて、契約を締結すれば、7月から今まで雇用契約書が渡されていない状態で勤務していた期間があっても、派遣元会社の問題はなくなるのでしょうか。」

― 勿論、雇用契約書は勤務開始の時点で渡されるべきものですので、会社の対応として問題があったことに変わりはございません。但し、雇用契約書が渡され、かつその内容が当初貴方が会社と合意していた通りですと、法令違反の状態が改善された事に加え、貴方にとっても特に新たな不利益は生じませんので、これ以上会社に対して何かを要求する事は出来ません。

 しかしながら、その契約内容が実際には守られなかった際には、当然内容の遵守を要求する事が可能です。

jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問