JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

運送業の従業員をしています。 勤務4ヶ月で 個人都合により自主退職願いを7/2日に会社に申告したところ、月末までの

解決済みの質問:

運送業の従業員をしています。
勤務4ヶ月で 個人都合により自主退職願いを7/2日に会社に申告したところ、月末までの勤務を命じられました。
人間関係や業務内容に抵抗があり、即日の退社を願い出ましたが聞き入れてはもらえませんでした。
なんとか、月末までと思い作業していましたが 日が経つ事に会社幹部からの風当りが鋭く 悩んでいます。
 この会社は歩合給料体制なのですが、仕事に対して「やる気がないので、仕事量を減らして下さい」と退職を申しでた時に申告したのですが、変化ありません・・。
「運転」という作業内容ですので、気持ちの変化が事故も招く・・そのような気持ちになりつつあります。
会社都合での仕事に対して断ることはできるのでしょうか?
また、よいアドバイス等あればご指導ください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

劣悪な環境下での労働、ご心痛お察し申し上げます。

会社に在籍している以上、会社からの業務命令には従わなければなりません。これに従わなければ懲戒処分を受けたり、最悪なケースですと損害賠償を請求される恐れもあります。

しかし月末まで我慢する必要はありません。

民法627条では、「退職の申し出から2週間で退職できる」と定められているのです。7/2に申し出をしているわけですが、申し出た証拠があればそこから2週間で退職できますが、恐らく立証できない状況ではないか、と推察いたします。

さっそく明日にでも正式に退職願を提出しましょう。その際に退職願の中に「民法627条に規定に基づき、7月26日付で退職させていただきます」ときちんと明記してください。

民法で認められた権利ですので、会社が「月末まで」とか「会社の規則でこうなっているから」という引き留めには応じる必要は一切ありません。

お辛いとは思いますが、2週間、頑張っていただきたいと思います。

嫌がらせやパワハラに我慢ができない場合は、会社の住所地を管轄する労働基準監督署に申告して、会社に指導や勧告をしてもらうように行動して下さい。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問