JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

ご相談させていただきます。 私は今アルバイト働いています。先月、私が勤めてる会社に社会保険事務所?から指導が入りま

解決済みの質問:

ご相談させていただきます。
私は今アルバイト働いています。先月、私が勤めてる会社に社会保険事務所?から指導が入りまして、アルバイトにも社会保険の加入対象者がいるのに加入させてなかったということで、会社に対して過去2年遡って社会保険に加入していた事にしろ。という事態になりました。
私もその対象者で、遡及分保険料の個人負担分を会社から請求されまし た。
今回の件で会社側も責任があるということで負担割合は折半ではなく会社が多めには支払うとのことなんですが、個人負担額も安くなく納得できません。
今回、社会保険事務所は会社に対して命じたことなのに、それをアルバイトに負担させるのはおかしいと思ってます。
お恥ずかしいですが、国民健康保険も国民年金もきっちり支払ってたわけでなく、還付金も見込めません。
会社からの一方的過ぎる指示に対して、こちらから会社負担割合を高めように請求する等なにか手立てはないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

会社の社保未加入による突然の支払依頼、ご心痛お察し申し上げます。

いきなり過去2年分の社保保険料を支払え、と言われても「はい、そうですか」とは言えませんよね。

ただしお気を悪くして欲しくないのですが、国保、国年の支払をしていなかったというご相談者様の対応もちょっと問題がありました。おっしゃる通り、そこを支払っていれば2重加入はないわけですので追加の支払はなかったわけですので。しかし今は今後の事を考えるのが最優先ですので、ご相談者様にとっての最善の対応策を考えていきたいと思います。

会社負担割合を高めるように請求する方法との事ですが、同意書にはサインをしない事です。

法的な面から説明させていただきますと、厚生年金保険法84条及び健康保険法167条では、

「前月の標準報酬月額に係る保険料を報酬から控除することができる」となっております。つまり労働者の同意無く、給料から社保の労働者負担分を差っ引くことができます。ただし前月分に対してのみですよ、という条文です。ですので同意書にサインしなければ今後もらう給料から過去の分の社保保険料を差っ引くことはできないのです。

しかも厚生年金保険法82条及び健康保険法161条では、「保険料の納付義務は事業主にある」と明確に定められています。

つまりはご相談者様がサインしない限りは、

①過去2年分の社保を、今後の給料からは差し引けない(加入後の分は差し引かれます)

②納付義務はご相談者様ではなく、事業主ですのでともかく事業主が全額支払わなければならない状況である

ということです。

サインをしなければ、ご相談者様が過去2年分の支払をする必要性がない、と受け取れるわけです。上記の法律条文を根拠にサイン拒否、支払拒否をすることも可能でしょう。

ただし今後の会社内での人間関係等も考慮するならば、全額支払い拒否ではなく会社負担割合の増加、で話し合い決着するのが、現実的な対応かもしれません。

いずれにしましてもご相談者様が、年金事務所(旧社会保険事務所)にご相談された方がよろしいかと存じます。会社に命令を出した役所ですので、そこの判断を会社経由ではなく直接確認しておくことが重要です。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問