JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

静岡の会社です。健康食品や化粧品のOEM、自社販売です。ジャスダック上場してますがオーナー会社です。このところ、会社

解決済みの質問:

静岡の会社です。健康食品や化粧品のOEM、自社販売です。ジャスダック上場してますがオーナー会社です。このところ、会社内で不当解雇、不当移動が頻発しています。それを見ていると、管理部門にいる取締役が、嫌い、言うことを聞かない、この会社にはいて欲しくないなどの言葉で
退職や配置替えを次から次に決行しているようです。会社の中自体も次は自分かも・・・みたいな空気と、管理部門の役員は、社員全員を目の敵みたいにして、社内の中は戦争みたいな状態だそうです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

相当劣悪な労働環境のようです。ご心痛、お察し申し上げます。

ご相談者様はどのような事をご相談でしょうか?質問したい事やご希望を返信いただけたらと存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

明日はわが身・・・ということもあるので、もし、自分にきたらと不安になります。

あと辞めた人が、会社を訴えたいと言っています。

労働組合もないですし、役員が好き放題にやっている現実を食い止めたいとも思います。私は入社2年7ヶ月、女性です。こんな会社いつ辞めてもいいと最近思うようになりましたが、好きな仕事をしていますので・・・・。

 

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

明日は我が身、確かに心配になりますよね。

オーナー会社では、労働者が社長に何を言っても聞き入れられることはほぼありません。では、このような状況を改善させるためにはどのような行動が必要か、という事になります。

辞めた人が訴訟(裁判)で会社の実態を明るみに出す、というのも一つの方法です。

在籍者が取る手段としては、労働基準監督署への申告、が最も現実的です。

不当解雇、不当異動が頻発との事ですので、解雇権の濫用、人事権の濫用がある、という事実を会社の住所地を管轄する労働基準監督署へ申告するのです。

申告により労基署は会社への立入や聴き取りで調査を行い、必要と判断すると労働局長が会社に対して指導や勧告を行います。

労基署への申告には①申告監督②定期監督、の2つがあります。

労働者の申告による調査は①申告監督になりますが、労働者としては会社ににらまれたくないので申告監督は避けたいのが現実です。そこで申告する際に「定期監督で調査に入ってください」とお願いして下さい。定期監督は労基署の年間計画による調査ですので。名目は「今回はお宅の会社が調査対象に選ばれたので、来ました」となりますので、労働者が申告した、という事が会社に知られずにすみます。

私は以前1部上場企業に勤務しておりましたが、残業代未払いの申告があったらしく、立入検査があり過去2年分の未払残業代が支給されました(申告したのは私ではありませんが)。

まずは労基署へ申告を行い、会社を立ち入り調査してもらいましょう。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
今日、労基署に電話をして、定期監督の依頼をいたしました。ただ、解雇権の濫用や不当配置転換などは、管轄外であると。説明をしていくうちに
休日出勤手当てや振替代休が一切出てないこと、残業代が見なしで払われてないこと、就業規則が社員に公開されてない点では、違反の可能性があるとのこと。 解雇権の濫用についてはどうすればいいのでしょうか?
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

労基署が解雇権の濫用に携わってくれないのであれば、あっせん制度の利用が考えられます。

あっせん制度は、あっせん委員が労使の間に入り、双方の主張を聴き取りして和解案を提示してくれるというものです。費用は無料ですし、弁護士さんなどの専門家を依頼しなくても対応可能な制度です。

申し立ては都道府県労働局(労基署の上部組織)ですので、あっせん制度の申し立てについても労基署の担当官に相談して下さい。ただしご相談者様は不当解雇も非合理的な異動もされておりませんから、申し立てをするのは実際に被害を受けた労働者の方が行ってください。

静岡労働局のあっせんに関するホームページのリンクを添付させていただきます。ご参考にして下さい。

http://shizuoka-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/hourei_seido/kikaku03/jirei4.html

雇用・労働 についての関連する質問