JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

よくわからないのでお聞きします。 私は夫(自営業)と1歳の子供がいます。 私も社会福祉法人で働いています。正規職員

解決済みの質問:

よくわからないのでお聞きします。
私は夫(自営業)と1歳の子供がいます。 私も社会福祉法人で働いています。正規職員18年です。
子供を私の扶養に入れていたのですが、今回協会けんぽの扶養者 資格再確認があるとのことで、私の職場で夫の確定申告書を見せるようにいわれ、見せると私より夫の所得の方が高いので子供は私の扶養には入れないといわれました。夫の収入は売りあげであって、所得は私より低いし、税金は私より低いと伝えたのですが、受け入れてもらえずでした。納得いかずに協会けんぽのホームページを見ると、「平成24年4月1日において18歳未満の扶養者」今回の再確認の対象外でした。それなのに、扶養から外すとはおかしいですよね?
子供を扶養者にするのに所得の指定という法律はあるのですか?
私の職場が独自に決めたものなのでしょうか?それを変えることは可能でしょうか?法律的に・・
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

ご相談のケースは法律というよりも旧社会保険庁の重要通達(昭60.6.13保険発66号、庁保険発22号)で以下のように定められております。

①年間収入の多い方の被扶養者とすることを原則とする

所得ではなく収入(売上)です。

②夫婦の収入が同程度の場合は、主として生計を維持する者の被扶養者とする。

ただし当該家計の実態等に照らし、主として年間収入の少ない方により生計を維持していると認められるときは、年間収入の少ない方の被扶養者として認定してよい、とされています。

つまりご相談のケースでは、ご相談者様の扶養にしてもよい、という認識を国が示しているわけです。会社が判断することではありませんので、引き続きご相談者様の扶養として協会けんぽに手続するよう強く要望してください。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。ということは、基本的に子供も扶養は年収の高い方がとはなっているが、家庭の事情もあり、個人で決められて会社に決定権はないとのことですよね。

会社は今回の協会けんぽのことをきっかけに扶養手当を削減したいねらいがあるのでしょう。

ここは戦っても大丈夫ですかね?

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

扶養認定は会社が行うのではなく、協会けんぽが行うのです。

会社ではなく保険者(今回の場合は、協会けんぽ)が認定するのですから、協会に確認することもなく、会社の独断で扶養外しをする権限はありません。(会社が言いたいこともわからないではありませんが)

会社はおそらく「年収が多い夫がいるんだから、そっちの扶養になるのが普通じゃ・・・・・・・」みたいなフィーリングで今回の事を言ってきているのだと思います。

「協会健保に確認してください」とはっきり申し上げてください。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問