JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

会社が経営難なので、退職してこれまでの仕事をフリーとして続けてほしいといわれました。 理由を尋ねると個人的な成績が

解決済みの質問:

会社が経営難なので、退職してこれまでの仕事をフリーとして続けてほしいといわれました。
理由を尋ねると個人的な成績が悪いからとのこと。ですが、それ以前にそのような注意は
まったく受けておりません。私が退職すべき理由を明示した文書を出してほしいと頼みましたが
「そんな例はないし、そのようなことをしたら君が不利になるだけだ」との返事です。
正直、退職したくはないのですが、交渉の余地はあるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

交渉の余地は十分にあります。

というより、「退職してこれまでの仕事をフリーとして続けてほしい」という発言は退職勧奨、もしくは解雇と考えられます。

 

貴方が退職したくないのであれば、応じる必要はありません。

そのことによって、会社が「退職してくれ」と言うのであれば貴方が要求されているように、退職すべき理由を明示した文書(これを解雇理由書と言います)を請求できます。

労働基準法第22条に労働者が請求した場合は使用者はこれを交付する義務が定められています。

これをもとに不当解雇を主張することになります。

 

解雇には客観的、合理的な理由がなければ解雇権の濫用として無効となります。

単に個人的な成績が悪いというだけでは解雇できません。

使用者がそれを改善するため、指導、教育などを行ってもどうしても改善が見られないことを客観的に証明する必要があります。

 

>「そんな例はないし、そのようなことをしたら君が不利になるだけだ」

このようなことはなく、解雇理由書を出してもらうことで、使用者が解雇理由を都合のいいように変更することを防止できます。

使用者が不利になることを分かっているので、出したくないだけでしょう。

 

当事者同士で話し合っても、話が進まないようであれば、労働基準監督署内にある、総合労働相談コーナーで相談ができます。

相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。

その他、国が間に入って話し合いの場を作ってくれるあっせん制度の利用も可能です。

今後の勤務継続のことを考えると、当事者同士で話し合って円満に解決することが一番だと思いますが、そのような方法で解決することが難しいようであれば第三者に間に入ってもらうしかないでしょう。

国が間に入ることによって、会社も冷静になり、考え直してくれるのではないでしょうか。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問