JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

説明されたことの無い試用期間終了で解雇されました

質問者の質問

入社して3か月の新入社員です。今日いきなり解雇されました。 私は今日上司に呼び出されていきなり解雇されました。呼び出された時、初めに「入社して3か月期間は仮採用だったんだけど、知ってた?」と言われ、私は「知りませんでした。」と答えました。ですが、「就業規則第46条3項に基づき、仮採用を取り消し本採用としないことを通知します」と言われ、何の前触れもなく[仮採用取消・本採用拒否通知書]を渡され、解雇手続きなどをいきなりやらされて今日解雇されました。 就職活動を本当に必死に頑張り、入社した会社です。 4月1日入社してから毎日必死で働き、時には残業もして、無遅刻無欠勤でした。 今はもうどうしたらいいのかわかりません。

6月10日に一度面談に呼ばれ 今の仕事に向いていないのでは無いかと言われ 仕事内容を変えられていました。 ただ 就職面接の時・入社してから後にも試用期間があることの説明を受けていませんし、

就業規則を見せられたこともありませんでした。

入社の時に色々な書類を書いたのですがコピーも無く 内容は覚えていません。 今日呼ばれた時に今回の解雇について異議が有るか・無しかの欄に会社で辞めさせるので無しになるからここに署名・捺印をするように言われて署名してしまいました。

本来なら3年以内に退社の場合は退職金は無いのだけれど 今回は

3ケ月の勤務に対して約22万の退職金を出すとも言われました。

明日から出社しないように言われました。  このままあきらめるしか

ないのでしょうか。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.
ご相 談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。
会社の解雇が正当か不当かを判断するには、多面的な判断になります。
何点か教えていただけますでしょうか。
①就業規則をみせてもらった事がない、との事ですが、見せて欲しいと要望した事はありますか?また、就会社では就業規則がいつでも見られるように備えられておりましたか?
②会社から、入社の際に何か書面をもらいましたか?
③解雇予告手当というものの支払いについて、何か会社から説明はありましたか?
④解雇は今日言われて今日の日付で解雇ですか?
⑤異議なしに署名させられた際、会社からの圧力のようなものを感じましたか?

お手数をおかけいたしますが、ご返信いただけたら幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

①就業規則があることを知りませんでした。

②会社のパンフレット・辞令を渡されました。 内定後の会社訪問の時に就職承諾書を提出しましたが 内容はよく覚えておりません。

③まったく受けておりません。

④今日言われて6月30日付けです。

⑤感じました。上司と総務の人と自分の3人で会議室で話していたので 断る 又は何か質問できるような状態ではありませんでした。 

よろしくお願いいたします。 

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

まずは就業規則ですが、労働契約法7条では、①常時見やすい場所へ掲示したり備え付ける②書面を労働者に交付する③磁気テープや磁気ディスクに記録し、労働者が常時確認できる機器を設置する、となっております。会社はまず、この点で問題があります。

次に労働契約を締結する際には、①労働契約の期間に関する事項②就業の場所や従事すべき業務に関する事項③退職に関する事項 等々を書面で労働者に明示しなければならない、と労働基準法15条で定められております。これについても会社に問題があります。

次に解雇の件ですが、即日解雇の場合は30日分以上の解雇予告手当を支払わなければならない、と労働基準法20条で定められております。この点もまた会社に問題があります。

そして解雇そのものの合理性については労使で話し合ってもただの水掛け論に終わってしまいます。圧迫するような状況で書類に署名させるのはパワハラであり、会社の職場環境配慮義務に違反します。

上記のような理由から会社の対応には数多くの問題点があります。

会社の所在地を管轄する労働基準監督署に申告をして、労基署の立入調査等をしてもらい、今回の会社の対応が是か非か判断してもらう必要があります。

早速明日にでも、労働基準監督署内の総合労働相談コーナーに相談・申告に行っていただけたらと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

回答の質が悪いという事で、回答権の放棄(オプトアウト)をさせていただきました。

回答内容の確認やご不明な点の質問であれば返信でいただければよかったのですが、お力になれず残念です。

専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

専門家がオプトアウトされたので回答いたします。

まずは貴方が解雇について、納得していないのであれば、異議なしに署名したことについて、自分の意思とは反して署名したしまったことを理由として、至急解雇について異議ありとの申出をしてください。

そして、解雇であれば、会社に解雇理由証明書の交付を要求してください。

解雇理由証明書により、解雇の具体的な理由がわかるはずです。

その理由が合理的な内容でなければ、解雇は無効である可能性があります。

あとは解雇について、会社と争うかどうかだと考えます。

ただし、すでに会社と貴方の信頼関係は壊れているため、解雇が無効になり、貴方が会社に残ったとしても仕事がやりづらい環境であると思われます。

よって、先の専門家が回答したように解雇予告手当の支払いや労働条件の書面交付などの法違反も含めたことについて、会社にさらなる退職金の割増などの交渉をするなどの金銭的解決が妥当ではないかと考えます。

雇用・労働 についての関連する質問