JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

給料に関する相談です。現在年齢は53歳。転職は3回しました。 海外営業、海外駐在、貿易実務を専門に働いてきておりま

解決済みの質問:

給料に関する相談です。現在年齢は53歳。転職は3回しました。
海外営業、海外駐在、貿易実務を専門に働いてきております。
現職には2年半程前に就きました。その前の会社で体調を壊し、上海駐在を続けられず退職し
現職を焦って探し、就職しました。
当初給料は額面で23万円と言われ、入社前面接時にもう少し何とかならないか話しをしましたが
相手にされませんでした。入社後手取りで23万円に配慮をしてくれました。
輸出の仕事は私一人で担当しており、アシスタントも居ません。又他に英語が出来る人も
いませんし、貿易の実務も理解している人はいません。

しかし最近住民税が増え(相続が絡んでいるのですが)2万円程手取りが下がりました。

会社としては23万円で了解した上で就職したのだから、年に一度の昇給以外考慮する筋合いも
無いと思います。又今回手取りが減った事は飽くまで個人の問題ですので会社には一切関係ないと
考えていると思います。

この様な背景の中、生活も厳しくなるばかりです。未だマンションのローンも残っておりジリ貧状態です。

会社に相談をすれば恐らく退職して貰っても構わないという回答がでると思います。
オーナー一族は非常に冷たい人たちです。又給与体系がはっきりしていないので具体的に
話しをする目安となる数値もありません。
この様な中、どの様に話をすれば揉める事無くある程度理解を得られ、給与面で面倒を見てもらえるか
ご相談したくメールをお送りします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

貴方もご承知のように、貴方と会社は労働契約に基づいた関係です。

23万円で貴方が承諾して就職している以上、会社は年一度の昇給以外に考慮する必要もありません。

そのような状況の中で、給料アップの交渉をするのは非常に難しいことです。

まずは貴方が担当している仕事が会社の売り上げにどのくらい貢献しているか客観的な数値で示す必要があります。

また、その数値をもとに貴方がいくら給料をアップしてほしいかの具体的な金額も必要です。

貴方の労働時間はどのようになっていますか?

1日、1週間などの一定の期間に労働者を働かせることができる上限の時間(1日8時間以内、1週間40時間以内)が定められています。

これを法定労働時間と言い、この法定労働時間を超えた労働に対しては割増賃金の支払いが必要となります。

もし、貴方にそのような割増賃金が支払われていなかったのであれば、その金額をもとに給料の改定を交渉する方法もあるでしょう。

その他、会社に労働組合がなければ地域ユニオンに加入し交渉する方法もありますが、どうしても会社との関係性が悪くなるは免れないでしょう。

後は貴方が今以上の働きぶりを会社にアピールして会社が給料アップしてもいいという気持ちにさせるしかないでしょう。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問